Effective interview measures

面接まで進んだら

面接のポイントについてまとめています。詳細は各項目を参照いただければと思いますが、面接担当者が見たいポイントとしてはざっくりまとめると「実務能力」、「意欲」、「適正」の3点です。それらをどのようにアピールしていくか、うまく戦略を立て、イメージトレーニングをしておきましょう。

また、季節別の対策、服装、発言すべきこととすべきでないこと(リスクが伴うこと)等を中心に面接対策のポイントを解説しています。

無事に面接に受かり、あなたの晴れやかな人生の一幕が始まることを、ここにお祈り申し上げます。

面接対策について

  • パート面接の服装に迷ったときは
  • 面接に受かる服装
  • 面接時の身だしなみチェック
  • 夏の面接、冬の面接で意外と見られていること
  • 面接時の持ち物
  • 面接の基本動作とマナーのポイント
  • 面接~言葉以外のコミュニケーション~
  • 面接~短時間で具体的に伝える~
  • 面接~不用意な発言~
  • 面接~求められるのは「即戦力」~
  • 面接~勘違いしているかも?~
  • 面接~絶対に避けたい最低限のこと~
  • 面接~担当者は何を考えているのか?~
  • 面接~シミュレーションチェックシート~
  • 面接~質疑応答の流れ~
  • 面接で「志望動機」を聞かれたら・・・
  • 「前職経験」を面接で聞かれたら、どう答える?
  • 「自己PR」では
  • 面接で“弱い部分”を質問をされたらどうしよう・・・
  • 面接で「質問ありますか」と聞かれたときは・・・

面接をしたくない、という方にはこちら

  • 在宅ワークの種類について
Young woman having a job interview

効果的な面接対策

このガイドでは、服装から始めて、面接スキルを向上させるために知っておく必要のある最も重要なポイントのいくつかを要約しました。インタビュアーは一般的に、インタビュイーから3つの主要なポイント、つまり実践的な能力、モチベーション、適切性を見たいと思っています。適切性から始めて、インタビュアーを魅了し、ここSyuhunoOshigotoでアプリケーションを釘付けにする方法を見つけましょう。

このガイドでは、季節的な対策、服装、面接中に言うべきこととすべきでないことを中心に、面接対策のポイントについても説明します。

アルバイトで何を着るかアルバイトの

場合、ほとんどの試験はワンショット面接です。今日では、パートタイマーでさえ非常に競争が激しい強化 ので、ゲームをする必要があります。では、どのようにしてアルバイトの面接に合格しますか?

右の服に着用してください

インタビューは面接の日に着用する権利服を選んでいる持っている悩みの一つを。服装は、応募する会社の性質によって大きく異なりますが、何よりも、プロフェッショナルで、手付かずで、立派に見えることが重要です。あなたが優雅さと自信を持って自分を運ぶとき、あなたの周りの人々はあなたを別の見方で見るでしょう。

銀行や大企業にとってはスーツが最も理想的ですが、衣料品はアパレル関連の仕事の得点基準のようです。パートタイムの面接では、その点で服装の選択が重要です。 

カジュアルな服装は避けてください。ただし、最近は応募する企業の企業文化によって異なります。

ジャケットは必見ジャケット

を着用してください。それはあなたにしっかりとした真剣な印象を与えます。それは私たちがインタビュアーにあなたに会った瞬間に感じてもらいたいものです。あなたがサラリーマンなら、スーツはまだ安全ですが、そうであれば、ジャケットとスカートまたはパンツは問題ありません。 

基本的な面接服

襟付きのブラウスまたはシャツとかかとを組み合わせた、たるんだダークブルーまたはグレーのスーツは安全です。ただし、アルバイトの種類によっては、「あまり賢く見えない」と考える採用担当者もいます。

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランなど、比較的カジュアルなスタイルで働くパートタイマーへのインタビューには、アンサンブルを着用することができます。ただし、本当に何を着るかわからない場合は、ジャケットを着用することをお勧めします。現時点では、ジャケットと合わないスカート、ズボン、下着を着用しないように注意する必要があります。 

長すぎず短すぎない膝丈のスカートを選んでください。深いスリットや軽薄なデザインの服やハーフレングスのパンツは避けてください。代わりに、職場に適したフルレングスのパンツを選択してください。派手な色やパターンを身に着けることを忘れてください。それらはインタビュアーの気を散らすだけです。

インナーは襟付きのブラウスやシャツを着ていただけます。シンプルなカットソーブラウスは、広くて深いネックラインや、お腹や腰が見えるクロップドカットを避ければ問題ありません。 

フルタイムの仕事に応募するなら、迷わずスーツを着るでしょうが、パートタイムの面接は仕事の性質によって決まるので、決めるのは非常に難しいです。このような場合、スーツやジャケットを着用しても安全です。きれいにアイロンがけされていて、汚れやしわの兆候がないことを確認してください。

応募する仕事の種類に関係なく、面接で着る服について最も重要なことは、それらが手付かずであるということです。面接に出る前に、スーツやジャケットにペットの髪の毛や食べ物がないことを確認してください。

面接服

スーツスーツ 

の推奨色は黒、紺、グレーです。しかし、転職やアルバイトの場合は、すっきりとしたデザインであれば別のスーツの色を選ぶことができます。これは仕事の種類によって異なることに注意してください。

春と夏におすすめのスーツの色:

  • ベージュ
  • ライトブルー
  • ホワイト
  • ライトカラーの衣装

秋と冬におすすめのスーツの色:

  • ティー
  • ワイン 
  • ブラック 
  • グレー
  • ダークカラーまたはアー衣装

ストーンのブラウスまたはシャツ

襟付きのブラウスまたはシャツを着用してください。面接の前日に、襟と袖口をきれいにし、適切にアイロンがけされていることを確認します。また、体にぴったりのサイズを着用することが重要です。

ストッキング

常にベージュのストッキングを着用してください。面接が夏でも、着る必要があります。

靴履く

あなたの服の色と一致し、少なくとも2インチの高さのかかとをことが標準です。

不適当靴

  • ブーツ
  • サンダル
  • ピンヒールのかかと
  • オープンつま先の靴の
  • ノイズをたくさん作る靴は

ビジネスバッグ

、それはビジネスバッグになると、あなたのバッグは、あなたが書類を持参する必要がある場合にはA4サイズの文書を保持できることを確認してください。就職活動に適したものを選び、装飾的な財布の使用は避けてください。

腕時計

時計を着用する必要はありませんが、それはあなたの服全体に風味を追加します。着用する場合は、アンサンブルにフィットし、目立たないようにしてください。スポーツウォッチの使用は避けてください。 

面接前の見た目チェック

髪型

一般的に、金髪で奇妙な色の髪は、仕事を探すときに眉をひそめます。髪を清潔に保ち、髪の色を控えめにします。しかし、最近ではこれを気にしない企業もあります。応募する会社の性質を確認し、伝統的な文化ではなく保守的な文化を持っているかどうかを確認してください。

インタビューに出る前に、ベースに目立つ白髪やツートンカラーがないか鏡をチェックしてください。伸ばしたパーマ、フケなどは問題外です。目の前髪を左右に分けます。面接中に何度もお辞儀をするので、髪を高いポニーテールに結び、清潔でなめらかな外観を維持します。

メイクメイク 

に関しては、若々しく自然なパレットが標準です。最小限に抑え、外観が身分証明書の写真と似ていることを確認してください。濃すぎるファンデーション、アイライナー、アイシャドウ、口紅は避けてください。逆に、化粧をしないことはできません。

手と指先

面接中に、あなたの手と指先が突然目を引くようになります。そのため、それらを清潔に保つことが重要です。長くて汚れた爪だけでなく、ひびの入ったマニキュアや奇抜なネイルアートもネガティブな印象を与えます。

マニキュアを使いたい場合は、シンプルなベージュやピンクの色で十分です。マニキュアをしていなくても、面接中に乾いたり薄片になったりしないように、ローションで手を大切にしましょう。

あなたの手は、特にカスタマーサービス業界での仕事に応募するときに重要な役割を果たします。手や爪の手入れが行き届いていないと、インタビュアーは「これらの手でお客様にサービスを提供していますか?」という印象を受けるかもしれません。

装飾品

イヤリング、ネックレス、ブローチなどのアクセサリーを身に付けたい場合は、控えめに、1つの主要なポイントのみを選択してください。イヤリングは小さく、人目を引くものであってはなりません。小さな真珠や宝石と無地の銀のネックレスを身に着けることは行くのに最適な方法です。また、眼鏡をかけている場合は、事前にレンズを磨いて掃除してください。

香り

インタビュアーをオフにする可能性のある強力な香水を使用しないでください。汗の臭いが気になる方は、鼻にやさしく心地よい軽い香水をお使いください。 

夏と冬のインタビューの違いは

夏の

それの暑い夏のシーズン中に、それは湿気の多い日にはジャケットを着用することが理想的ではありません。ただし、応募する仕事によっては、スーツやジャケットを着用しなければならない場合があります。その場合は、暑さよりもジャケットの着用を優先してください。

 暑さに耐えられない場合は、面接場所のエントランスやレセプションエリアに着いたら、ジャケットを持って着てください。額に付着した汗を軽くたたいて乾かし、服装に汗の兆候がないか確認します。 

受け入れまたは拒否は、第一印象によって判断されることが多いため、外が高温多湿であっても、面接中に適切な服装をすることが重要です。

は寒いのでコートやマフラーは必需品です。ただ、意外と脱ぐ時期に戸惑う方も多いようです。 

コートやマフラーは会社の建物に入る前に脱いで持ち込みます。少なくともレセプションの前にそれを脱いでください。同様に、帰宅するときは、建物を出た後、コートやマフラーを着用する必要があります。

ただし、大雪や大雨が降る悪天候の日には、建物の中で上着を脱いで着るように言われることがあります。このような場合は、建物内で着脱できますが、感謝の言葉を忘れずに。