*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

無自覚だから怖い「ワーキングうつ」

   

a0002_004104

 

仕事のストレスは、皆それぞれ何かしら抱えていると思います。

しかし、このストレスを抱えきれなくなったとき、とても危険です。

ちょっとでも心や体に異変を感じたら「ワーキングうつ」を疑ったほうがいいかもしれません。

 

病院に行かない人が多い

「何となく体がだるい」「夜、頭が冴えて眠れない」「疲れが抜けない」「食欲がない」などの症状を感じている方・・・

それはワーキングうつ予備軍かもしれません。

しかし、この症状って疲れているとよくあることですよね。

その為、「こんなのいつものこと」「忙しくてそれくらいで病院に行ってられない」という理由で病院に行かない人がほとんどです。

実際、厚生労働科学研究費による大規模疫学調査でも、うつ経験者のうち約4分の3が医療機関を受診していないという結果が出ているそうです。

 

しかし、

・残業が多く、帰宅しても仕事のことばかり考えている方

・毎朝、「あんな職場に行きたくない」と出勤が憂鬱な方

・任されている仕事の責任が重く、プレッシャーに耐えきれなくなっている方

など、限界ギリギリのところまできている方は、いつ発症してもおかしくないので早めに対処してほしいと思います。

 

また、うつの特徴として、朝具合が悪くても午後になると良くなるなど症状に波がある人が多く、「気のせいかも」と思い込んでなかなか自分の病気に気づけないことがあります。これが、うつを長期化させてしまう原因なので注意が必要です。

 

簡単な病気ではない

皆様ご存知の通り、うつは風邪のようにすぐ治る病気ではありません。

うつを発症すると、家庭内不和、離婚、失業、アルコール依存症、ギャンブル依存症など社会生活や家庭生活にヒビが入ってしまう場合もあります。

また、最終的には自殺に追い込まれる方もいるので、できればうつを発症する前に防いでほしいです。

 

ワーキングうつの怖いところは、「まさかこれくらいで、うつなわけがない」と本人に自覚がないことです。これによって、病気の進行が早まってしまうのです。

未然に防ぐためには、「病院に行ってみる」ことが大切ではないでしょうか。

自己判断するのは危険です。

 

 - 職場の悩み

PR

PR

  関連記事

パートや派遣社員の女性が“産休・育休を取れない”というのはウソ!

  つい先日、テレビのニュースでも取り上げられていましたが、NPO法人 …

パートタイマーとして働くときの心構え

  結婚や出産を機に退職し、一度は専業主婦になったけれど再就職を考える …

身に覚えアリ?!仕事ができない人の特徴

  自分では仕事ができていると思っていても、上司や同僚からは「仕事がで …

仕事でミスをしてしまったときの対処法

  真面目に仕事に取り組んでいても、ミスをしてしまうことは誰でもありま …

実際に働いてみたら、労働条件が面接時の説明と違ったとき

  主婦は仕事をするにあたって、家庭との両立をしなければなりません。 …

親しくても「お客様はお客様」

  仕事を長く続けていると、お客様と顔見知りになって仲良くなることがあ …

来客応対~お茶を出すときの手順~

  特にオフィスワークの場合は、来社したお客様にお茶を出しますよね。 …

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

  「再就職するために活動を始めたけれどなかなか採用につながらない」、 …

要領よく仕事するには、どうしたらいい?

  家庭を持つ女性は仕事から帰っても家事や育児が待っているので、なるべ …

女性が多い職場は何かと問題が多い?

  私は、男性が多い職場、女性が多い職場、両方を経験して「職場の雰囲気 …