*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

社会人経験が少ない人こそ、職務経歴書を活用する

      2014/03/17

a1380_000033

 

社会人経験が少ない人こそ・・・

新卒で入社したものの、すぐに結婚して1年も経たずに辞めてしまった・・・

家庭の事情でどうしても辞めなければならなかった・・・そんな人も少なくないと思います。

 

再び働こうと思ったとき、職務経歴書なんて書けることないよ・・・と悩むかもしれませんが、

そうした人こそ職務経歴書を活用しましょう。

 

新卒者と違って、重視されることは職場で身につけたことです。

働いていた期間が短くても、身につけたこと、何かひとつでもあるのではないでしょうか?

 

たとえ数か月の勤務期間だとしても、それは評価の対象になります。

働いていた頃をよく思い出して、身につけた知識や経験を具体的に書いてみましょう。

 

採用担当者が知りたいこと

①社会人としての基礎ができているか

「新人研修」で学んだ、接客マナーや電話応対なども記載してしまって問題ありません。

社会人としての基礎訓練をしっかり受けてきたことをアピールしましょう。

 

②スキル

前の職場で身につけたスキルを書きましょう。

志望職種が事務系の場合は、必ずパソコンのスキルが必要です。

たとえば・・・、「ワードとエクセルができる」だけではなく、「ワードでは~ができる」など

活用レベルまで具体的に書きましょう。

 

③担当していた業務

書くべきは、「どんな業務をどう担当していたか」です。できる限り具体的に書きましょう。

これは、勤務期間が短かったからこそ、きちんと書いたほうが良いです。

もし、応募先が前職と同じような業務であれば、すぐに対応できることをアピールできます。

 

④短期間で辞めてしまった理由

これは、必ずと言っていいほど聞かれると思います。

質問されたら、納得のいく退職理由を述べ、前向きな目標や長く働きたいという熱意を伝えましょう。

 

 - 職務経歴書

PR

PR

  関連記事

職務経歴書の効果的な書き方~出産退職をした場合~

  出産退職をしたけれど、子どもが大きくなってきたことで再就職を考える …

「まあまあ」の応募書類では正社員に採用されない

  雇用の安定や待遇面での有利さから、正規雇用での就職を希望する人が増 …

基本的な職務経歴書

≪ 目次 ≫1 ①   職務要約2 ②   職務経歴3 ③   活かせる知識・経 …

“志望動機”と“自己PR”の違い&採用担当者が見ているポイント

  “志望動機”と“自己PR”は密接に関係しているので、内容が重複して …

何かをアピールするということ

  何かをアピールする機会というのは色々な場面で訪れます。 社会的な営 …

NGな職務経歴書

≪ 目次 ≫1 参考画像:クリックで拡大2 要点3 <参考> 参考画 …

職歴ブランクをカバーするためにできること

  以前、「履歴書の職歴欄を書くときは・・・」の記事で、“勤続期間が短 …

子育て後、正社員になるためにアピールをするには

出産を機に退職をしたけれど、もう一度社会復帰をするなら正社員として働きたいと考え …

正社員に求められる資質4つ

  パートから正社員を目指す場合、アピールに欠かせないのは「スキル」、 …

職務経歴書について

  ≪ 目次 ≫1 書式に厳格なルールは無い2 パートなのに、職務経歴 …