*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

採用側が重視する3大要素

   

a0790_001100

 

採用側がチェックしている3大要素

書類選考や面接で採用側がチェックしている3大要素があります。

それは・・・

 

①能力(専門知識、経験、資格、実績)

仕事に貢献できるスキルはどの程度あるか、資格を持っているか、前職での実績などを評価されます。

 

②人間性(協調性、誠実さ、謙虚さ、気配り)

職場の仲間と上手くやっていけるか、組織の中で能力を活かせる人材か評価されます。

 

③やる気(意欲、積極性、向上心)

やる気があるか見られています。やる気が感じられなければ能力があっても採用されません。

 

採用側は、この3大要素を兼ね備えている人に好感を持つので意識しておきましょう。

 

「能力」だけではダメ

前項でも書いたように、採用側は「能力」「人間性」「やる気」の3つのバランスを見て採否を判断しています。

その為、いくら能力が優れていても人間性とやる気が乏しい人物は採用しません

 

また、勿体ないのは3大要素を兼ね備えているのに「能力」ばかりをアピールしてしまう人です。

面接では、「人間性」や「やる気」は伝えることができていたとしても、職務経歴書では「能力」だけをアピールしていませんか?

確かに、職務経歴書は持っているスキルなどをアピールするツールですが、それだけを並べても採用側の心を動かすことはできません。

やはり、職務経歴書でも「能力」に加えて「人間性」と「やる気」を伝えることが重要となってきます。

 

また、もし自分と同じくらいのスキルや経験を持っている応募者がいた場合、職務経歴書で差をつけることができます。

採用側は好感を持てる人と一緒に働きたいと思うのが普通なので、まずは職務経歴書で好感を持ってもらうことが大切です。

好感を持ってもらうためには「能力」を書くだけでなく、「こんな経験を通して、このように成長できた」など経験談を交えて「人間性」や「やる気」もアピールしましょう。

 

 - 採否, 職務経歴書, 面接

PR

PR

  関連記事

経験や資格がない・・・面接で何をアピールすればいい?

  「子育てが一段落したから働きに出ようかな~」と思ったら、自分は40 …

面接で“弱い部分”を質問をされたらどうしよう・・・

  ≪ 目次 ≫1 質問に恐れないで大丈夫2 無自覚のコワさ 質問に恐 …

“志望動機”と“自己PR”の違い&採用担当者が見ているポイント

  “志望動機”と“自己PR”は密接に関係しているので、内容が重複して …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

面接官は、あなたの何を見ている?

  面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか? 「今 …

NGな職務経歴書

≪ 目次 ≫1 参考画像:クリックで拡大2 要点 参考画像:クリックで拡大 要点 …

未経験者でも採用される?

  近年、中途採用を行っている半分以上の企業が未経験者を採用しているそ …

採用に近づくための面接での話し方

  家族に「お母さんの話は長い」とか「話があっちこっちにとびすぎ!」と …

面接で受かる人と落ちる人の違い

  新卒の就職活動をしていた学生の頃、周りの友達を見てみると殆どの面接 …

パートの面接~服だけでなくカバンや足元にも気を抜かないで~

  パートの面接に行くとき、多くの主婦が迷ってしまうのが服装選びです。 …