*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

履歴書の職歴欄を書くときは・・・

      2014/06/30

a0001_008430

 

勤続期間が短い会社

職歴欄を書くときに、「勤続期間が短い会社は書くのか?」という疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。

それを書くかどうかは、雇用形態によって違ってきます。

 

正社員として勤務していた会社は、勤続期間が短くても書くのがルールですが、

アルバイトやパートとして勤務していた会社は、省略しても問題ありません

 

アルバイト・パートの場合

上記でも書いた通り、アルバイトやパートの職歴はすべてを書く必要はありません。

そのため、応募先に関連した職歴を中心に書いたりできるので、自分なりに工夫して書いてみましょう。

 

正社員の場合

正社員の場合は、省略せずにきちんと書きましょう。

記載しないでバレたとき、経歴詐称とされてしまうこともあるので、注意が必要です。

短い期間で辞めた会社がある場合は、理由を説明しましょう。

それなりに大きな規模、顧客へのコンプライアンス意識をかなり重要視するような企業の場合、社員の不祥事によるトラブルを避ける為に、採用の選考基準の一つに「前職をどんな形で辞めたか」を大きな指標とするのが一般的です。

採用側も前職の会社に電話で裏付けを取るなど、エビデンス確保の手段を幾つかとる為、嘘や誤魔化しは遅からずバレると考えて下さい。

 

 - 履歴書を書くときのポイント

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

履歴書の「健康状態欄」について

  履歴書によっては、「健康状態」を書く欄が設けられているものがありま …

履歴書を書くときのポイント~学歴・職歴~

  ≪ 目次 ≫1 学歴2 職歴 学歴 義務教育は、卒業年度のみ記入。 …

“志望動機”と“自己PR”の違い&採用担当者が見ているポイント

  “志望動機”と“自己PR”は密接に関係しているので、内容が重複して …

こんなときどう書く?~数年のブランク~

  ≪ 目次 ≫1 社会との接点をアピールする2 復帰に向けて・・・ …

子育て後、正社員になるためにアピールをするには

出産を機に退職をしたけれど、もう一度社会復帰をするなら正社員として働きたいと考え …

どうしても書類選考で落ちてしまう

  ≪ 目次 ≫1 即不採用になる応募書類2 履歴書の注意点 即不採用 …

履歴書を書くときのポイント~免許・資格~

  ≪ 目次 ≫1 免許・資格2 特に取得しているものがなければ 免許 …

応募書類で「スキル」と「実績」をアピールするときのコツ

  「正社員に求められる資質4つ」では、正社員として転職するためには「 …

履歴書を書くときのポイント~家族状況~

  ■家族状況 履歴書の右下に位置していている家族状況の欄。 この欄は …

志望動機として使わないほうがいいフレーズ

募集要項に時々出てくる「アットホームな職場です」の言葉等になんとなく惹かれてしまう気持ちも分かりますが・・・・