*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

履歴書の「健康状態欄」について

      2018/08/06

Sapporo City General Hospital.

 

履歴書によっては、「健康状態」を書く欄が設けられているものがあります。

今回は、「健康状態欄」を記載するときのポイントについて紹介します。

(履歴書の種類は豊富にあるので、自分に合ったものを購入しましょう。

履歴書選びに迷ったときは、「種類豊富な履歴書・・・どれを選べばいい?」の記事を参考にして頂ければと思います。)

 

健康状態が「良好」の場合

健康状態に問題がない場合はもちろん、今まで大きな病気などをしたことがあっても、現在は完治していて業務に支障がなければ健康状態欄は「良好」と記載して良いでしょう。

 

しかし、ただ「良好」の二文字を並べるだけでは勿体ないです。

せっかく業務に支障なく働ける体があるのですから、プラスαの言葉を付け加えてアピールしましょう。

 

例えば、「良好・・・前職での5年間は一度も病気欠勤をしたことがありません」、「良好・・・家事と仕事を両立しながらの勤務に体力的な不安はありません、前職では無欠勤でした」など、「良好+一言アピール」をセットで記載すると採用担当者の印象に残る可能性が高いでしょう。

 

通院が必要な場合

病気は完治しているけれど、一度病気を患うと定期健診などで通院しなければならないことがありますよね。

また、主婦の場合、不妊治療で月に何度も通院しなければならない方も少なくないでしょう。

そのような場合は、健康状態は「良好」ではありますが、後々の業務に支障を出さないためにも最初にきちんと説明をしておく必要があります。

 

履歴書の健康状態欄には、「業務に支障はないということ」、「通院する頻度」、「症状」、「対策」を記載し、面接ではそれを更に詳しく説明できるようにしておきましょう。

 

例えば、「恐縮ですが、不妊治療のため月2回の通院を希望いたします。ただ、土日のシフトや急な欠勤が出た際は対応することが可能です。また、前職において不妊治療が原因で欠勤することは一切ありませんでした」など。

(健康状態欄に書ききれない場合は、本人希望記入欄に記載しても良いでしょう。)

 

通院が必要な場合は、自分の希望を伝えるだけでなく業務に支障を出さないための工夫などを説明し、採用担当者に安心してもらうことが大切でしょう。

 

 - 履歴書を書くときのポイント

PR

PR

  関連記事

“志望動機”と“自己PR”の違い&採用担当者が見ているポイント

  “志望動機”と“自己PR”は密接に関係しているので、内容が重複して …

応募書類には、弱点を隠さず書いたほうがいい?!

  今まで経験したことのない職種や人気がありそうな企業に応募する場合、 …

何かをアピールするということ

  何かをアピールする機会というのは色々な場面で訪れます。 社会的な営 …

履歴書を書くときのポイント~趣味・特技~

  ■趣味・特技 趣味・特技欄に「特にありません」と書くのは残念です。 …

履歴書を書くときのポイント~免許・資格~

  ≪ 目次 ≫1 免許・資格2 特に取得しているものがなければ 免許 …

履歴書を書くときのポイント~志望動機~

  ■志望動機 志望動機は、たとえ短くても応募先企業ならではの特徴や、 …

種類豊富な履歴書・・・どれを選べばいい?

  最近は、100円ショップなどに行っても様々な種類の履歴書が売ってい …

パートの「志望動機」って、答えづらい・・・どう答えたらいいの?

  ≪ 目次 ≫1 志望動機は悩みの種2 パートやアルバイトの志望動機 …

志望動機として使わないほうがいいフレーズ

募集要項に時々出てくる「アットホームな職場です」の言葉等になんとなく惹かれてしまう気持ちも分かりますが・・・・

履歴書の写真を撮影するときのポイント~スピード写真編~

  「履歴書の写真は写真店で撮った方がいい」とは言いますが、忙しかった …