*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

履歴書で最も重要とされている「志望動機欄」について

      2018/08/06

空へ Toward the sky

 

パートやアルバイトの面接を受けるために履歴書の提出が必須となりますが、この履歴書を書くときに一番悩むのが「志望動機欄」ではないでしょうか。

多くの方が悩む「志望動機欄」ではありますが、履歴書において最も重要とされている項目でもあります。

「パートだから・・・」という気持ちがどこかにあると、手抜きな志望動機になってしまうでしょう。

今は、パートで面接を受けても不採用が続くことが少なくありません。

気を抜かず、しっかりとした志望動機を記載するようにしましょう。

 

ありきたりな志望動機には惹かれない

最近は、パソコンやスマートフォンで「志望動機 例文」などと検索すれば、志望動機の記入例を見ることができますよね。

参考にする程度であればいいと思うのですが、例文をそのまま志望動機欄に記入したり、同じような言葉を使っていると、今まで多くの履歴書を見てきた採用担当者は見抜くでしょう。

 

また、そのように無難でありきたりな志望動機が書かれている履歴書に、採用担当者は惹かれないそうです。

特に、面接の前に書類選考があるパートの場合には、履歴書に興味を持ってもらえなければ面接を受けることさえできません。

ですので、志望動機欄を記載するときは、例文通りの言葉ではなく、自分の個性を自分の言葉で伝えるようにすると採用担当者の目に留まる可能性は高いでしょう。

 

これは、履歴書だけでなく面接でも言えることです。

面接では、必ず志望動機を聞かれるでしょう。

どこかから拾ってきた言葉ではなく、自分の志望動機を伝えられるようにしましょう。

 

志望動機が決め手となる

やはり採用担当者は、履歴書を見て、経験やスキルがあって即戦力になる人材かどうかを確認します。

その一方、即戦力があるかどうかと同じくらい確認しているのが「志望動機」です。

これは、「自分の言葉で履歴書を書ける人材なのか」というところに重きを置いているためです。

たとえスキルがあったとしても、例文通りの文章しか書けないとなると「果たして即戦力になるのか?」という疑問が残りますよね。

 

「志望動機欄」は履歴書の中で唯一、自分の言葉を伝えられる項目ではないでしょうか。

例文と同じような文章を書いて、せっかくの経験やスキルを台無しにしないようにしましょう。

 

参考記事

志望動機を書く際、次の記事も参考にして頂ければと思います。

パートの志望動機って、答えづらい・・・どう答えたらいいの?

“志望動機”と“自己PR”の違い&採用担当者が見ているポイント

 

 - 履歴書を書くときのポイント

PR

PR

  関連記事

子育て中の履歴書の書き方

  ≪ 目次 ≫1 子育てしていることを書けるのか2 履歴書にはどうや …

応募書類で「人柄」と「やる気」をアピールするときのコツ

  「正社員に求められる資質4つ」の記事では、正社員として転職するには …

職歴ブランクをカバーするためにできること

  以前、「履歴書の職歴欄を書くときは・・・」の記事で、“勤続期間が短 …

こんなときどう書く?~数年のブランク~

  ≪ 目次 ≫1 社会との接点をアピールする2 復帰に向けて・・・ …

履歴書の写真を撮影するときのポイント~スピード写真編~

  「履歴書の写真は写真店で撮った方がいい」とは言いますが、忙しかった …

「履歴書」と「職務経歴書」の内容が重複してしまう・・・この2つの違いは何?

  求人広告を見ると、必要な書類は「履歴書」としか記述がない企業もあり …

履歴書の捺印で見抜かれる社会人としてのマナー

    履歴書には様々なタイプがありますが、印鑑を押す欄があ …

履歴書を最小限の時間かつ丁寧に仕上げるコツ

  久しぶりに社会復帰をしようと決めたものの、家事や育児をしながら就職 …

履歴書を書くときのポイント~趣味・特技~

  ■趣味・特技 趣味・特技欄に「特にありません」と書くのは残念です。 …

子育て後、正社員になるためにアピールをするには

出産を機に退職をしたけれど、もう一度社会復帰をするなら正社員として働きたいと考え …