*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

職歴ブランクをカバーするためにできること

      2018/08/06

とらちゃんと @motomocomo の疑似親子写真

 

以前、「履歴書の職歴欄を書くときは・・・」の記事で、“勤続期間が短い会社については、雇用形態がアルバイトやパートの場合であれば履歴書の職歴を省略しても問題ない”というお話をしました。

勤続期間が短い会社を省けば、「すぐに離職してしまう人」というイメージを持たれることはないでしょう。

 

しかし、職歴を省くことで新たなる問題が発生します。

それは、職歴にブランクが生じてしまうということです。

 

職歴のブランクは、やはりマイナス印象を持たれがちです。

ですが、そのマイナス印象をカバーできれば採用されるチャンスはあるでしょう。

ここでは、職務経歴書を上手に利用してブランクをカバーする方法について、お話したいと思います。

 

職歴ブランクの理由を伝える

職歴ブランクがある応募者に対して、採用担当者が抱いている疑念は“ブランクの理由”です。

主婦の場合、出産や育児、親の介護などが理由で職歴にブランクがある方が主ではないでしょうか。

また、病気などの理由で離職された方もいるでしょう。

 

いずれにしても、ブランクの理由をきちんと伝えるようにします。

ですが、ただ理由を伝えるだけでは採用担当者は納得してくれないでしょう。

 

では、どうすればいいのか・・・。

次の項でお話したいと思います。

 

職務経歴書を利用して説明する

ブランクをカバーするには、退職理由を説明するとともに、現在は問題なく勤務できるということを明確に伝える必要があります。

 

例えば、出産を理由に前職を離職した場合、採用担当者は「育児と仕事の両立が困難で、またすぐに辞めてしまうのでは?」という疑念を抱いています。

それを払拭するためには、「親が育児をフォローしてくれる環境が整っている」など、勤務に支障がないことを伝えましょう。

 

その際、職務経歴書を利用します。

履歴書の職歴欄は、職歴を簡潔に示すためのものなので、職務経歴書に「退職理由」といったような項目を設けて、退職した理由と現在の状況を記載すると良いでしょう。

 

 - 履歴書を書くときのポイント, 職務経歴書

PR

PR

  関連記事

子育て後、正社員になるためにアピールをするには

出産を機に退職をしたけれど、もう一度社会復帰をするなら正社員として働きたいと考え …

応募書類には、弱点を隠さず書いたほうがいい?!

  今まで経験したことのない職種や人気がありそうな企業に応募する場合、 …

履歴書の「健康状態欄」について

  履歴書によっては、「健康状態」を書く欄が設けられているものがありま …

採用側が重視する3大要素

  ≪ 目次 ≫1 採用側がチェックしている3大要素2 「能力」だけで …

履歴書「趣味・特技」欄の有効的な書き方

  履歴書の「趣味・特技」欄って何のために書くの? 書く必要ある? “ …

履歴書で最も重要とされている「志望動機欄」について

  パートやアルバイトの面接を受けるために履歴書の提出が必須となります …

履歴書を書き間違えてしまったら・・・

  ≪ 目次 ≫1 やらないほうがいいこと2 新しい履歴書に書きなおす …

面接に呼ばれる「履歴書」

  パートの場合、履歴書は面接当日に持参すれば良い会社がほとんどですが …

子育て中の履歴書の書き方

  ≪ 目次 ≫1 子育てしていることを書けるのか2 履歴書にはどうや …

履歴書を書くときのポイント~通勤時間~

  ≪ 目次 ≫1 通勤時間2 所要時間の目安 通勤時間 通勤時間は、 …