*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

履歴書の写真を撮影するときのポイント~自分で撮影編~

   

a0002_008569

 

近年、カメラを扱う女性が多いですよね♪

最近では、履歴書の写真も自分で撮影する方が増えているようです。

自分で撮影するのは大変な面もありますが、「何度でも撮り直しができる」「コストがかからない」などのメリットがあります。

もしチャレンジする場合は、次のようなポイントを押さえて撮影に臨んでみてください。

 

撮影する部屋は

自分撮りの場合はほとんどの方が自宅で撮影すると思いますが、その際、気をつけなければいけないことが2つあります。

それは背景光の加減です。

背景の色は、白かベージュがベストです。もし自宅の壁色がそうでない場合は、模造紙やカレンダーの裏側を壁に貼って撮影しましょう。

また、光ですが部屋の電気は全部つけて最大限明るくしてください。

撮影するのが昼間の場合は、窓に背を向けないようにして撮りましょう。窓に背を向けて撮ると逆行で顔の写りが暗くなってしまいます。

 

撮影するときは

イスは背もたれのないものを使い、壁に影が映らないよう壁から1mほど離れた位置に座りましょう。

また、スペースが確保できる場合は、カメラから見て電気がある位置よりも少し奥のほうに座ると尚良いです。

もしイスがない場合は、立ち膝でOKです。

 

カメラは自分の顔の位置に合わせます。

このとき、カメラを水平にするために三脚やテーブル等を使いましょう。

三脚の場合はカメラを顔の位置に合わせるのにそれほど苦労はありませんが、テーブルの場合は高さがなかなか合わないことがあります。

その為、本などで高さを調整する作業が必要となってくるので大変です。しかし、大変でもカメラを傾けることだけは絶対にやめましょう

 

そして、実際に撮影する際はカメラと自分の距離は2~3mほど離し、ズームで撮影するとキレイに撮れます。

 

印刷するときは

自分で撮影した写真を自宅のプリンターで印刷するときは、高画質モードで光沢紙に印刷するとキレイに仕上がります。

 

<参考>

最近では、iphoneでも証明写真が撮れるようで、自宅にプリンターがない場合はセブンイレブンのネットプリントアプリを使って30円で証明写真が出来るそうです。

iphoneで証明写真を作成する方法

 

 - 履歴書を書くときのポイント

PR

PR

  関連記事

こんなときどう書く?~数年のブランク~

  ≪ 目次 ≫1 社会との接点をアピールする2 復帰に向けて・・・ …

子育て後、正社員になるためにアピールをするには

出産を機に退職をしたけれど、もう一度社会復帰をするなら正社員として働きたいと考え …

履歴書の写真を撮影するときのポイント~スピード写真編~

  「履歴書の写真は写真店で撮った方がいい」とは言いますが、忙しかった …

応募書類で「人柄」と「やる気」をアピールするときのコツ

  「正社員に求められる資質4つ」の記事では、正社員として転職するには …

応募書類で「スキル」と「実績」をアピールするときのコツ

  「正社員に求められる資質4つ」では、正社員として転職するためには「 …

履歴書を書くときのポイント~学歴・職歴~

  ≪ 目次 ≫1 学歴2 職歴 学歴 義務教育は、卒業年度のみ記入。 …

履歴書で最も重要とされている「志望動機欄」について

  パートやアルバイトの面接を受けるために履歴書の提出が必須となります …

職歴ブランクをカバーするためにできること

  以前、「履歴書の職歴欄を書くときは・・・」の記事で、“勤続期間が短 …

履歴書の写真を撮影するときのポイント~写真店編~

  「履歴書に貼る写真は写真店で撮った方がいい」って言うのはよく聞きま …

履歴書を書くときのポイント~免許・資格~

  ≪ 目次 ≫1 免許・資格2 特に取得しているものがなければ 免許 …