*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

ネイリストを目指す主婦が増えている?

      2016/01/30

a0780_000429

 

ネイルってかわいいですよね♪

私は結婚する前まで、よくネイルサロンに行ってジェルネイルをやってもらっていましたが、やっぱりネイルをしている時としていない時ではモチベーションが違いました。仕事中に、ふとネイルのしてある指を見るだけでも、やる気が出たものです(笑)。

ネイルは見た目のオシャレだけでなく、心も明るくしてくれると思います。

そんなネイルの仕事に憧れて、専業主婦からネイリストを目指す人たちが増えているようです。

 

なぜ、ネイリストを目指す主婦が増えているのか?

主婦がネイリストを目指すきっかけは、自分自身がネイルサロンに通っているうちに「ネイリストさんて素敵だな~」と憧れを持つようになり、自分もチャレンジしてみようというのが多いそうです。

 

また、週2日で働けるネイルサロンがあったり、自宅でサロンを開くことも可能なので、こういったところも主婦に人気の理由なのではないでしょうか。

今まで主婦だった自分が好きな仕事をして誰かの笑顔のために働ける。しかも、家で仕事をすることも可能だから家事と仕事が両立しやすい。これは主婦が仕事をする上での最大のメリットだと思います。

 

そして、なんとネイリストには年齢制限がありません。主婦でも本気になれば、なれる可能性があるのです。

しかし、サロンによっては採用条件に年齢が関係してくるところもあるようです。また、採用されたとしても娘くらいの年齢の子ばかりで働きにくいという場合もあります。

その為、30代~50代でネイリストを目指すのであれば、自宅でサロンを開くことを視野に入れて動き始めたほうが良いかもしれません。

 

どのくらい稼げるの?

正社員の場合、15~20万円。パートの場合は、地域によっても異なりますが時給800~1200円くらいだそうです。

ネイリストは人気の職種であるが故に、お給料が高くなくても人材は集まってきます。その為、あまり高収入ではないのだそう・・・。

 

お給料を上げるためには、多くのお客さんから指名してもらえるネイリストになる必要があります。

また、もっと収入を増やしたい場合は、自分でネイルサロンを開業したほうがいいでしょう。しかし、それでもお客さんに来てもらえなくては収入は増えません。

お客さんに何度も足を運んでもらうためには、ネイルの技術だけでなく接客も大切になってきます。

 

ネイルを学ぶための方法

ネイルは、自分で本などを買って独学で学ぶ方法もありますが、その場合はかなり強い覚悟がないと難しいでしょう。

ネイリスト専門のスクールに通ったり、通信教育で学んだほうが良さそうです。

 

■ネイリスト専門のスクール

スクールに通うのが一番確実な方法かもしれません。

プロネイリストの講師から、技術や資格試験の学習、実際にネイリストとして働く上での接客技術まで教えてもらうことができます。

また、スクールによっては卒業後にすぐ働けるよう、就職もサポートしてくれています。

通うのであれば、日本ネイリスト協会認定のネイルスクールを選ぶようにしましょう。

オススメどころとしては、資料請求や定期的な無料の見学会を開いているところでしょうか。

気になる費用は・・・、もちろんスクールや取得したい資格レベルによって異なりますが相場は20万~50万円以上とピンキリだそうです。(入学金、教材費、毎月の学費、資格取得費用など)

人気の講師がいる場合は、数百万のスクールもあるのだそう・・・。

 

■通信教育

インターネットなどで、講師とマンツーマンで学習することができます。

都合のいいときにできるので、家事や育児が忙しくてスクールに通えない主婦には向いていると思います。

通信教育でも資格を取って、プロネイリストとして活躍している方がたくさんいるそうです。

 

費用は、8万円前後ですが、資格取得のための費用は別途でかかるようです。

 

 

実際にネイリストとして働き始めた主婦の方々は、相当な努力をしています。

また、家でネイルの練習をしなければ上達しないので、ネイルのにおいが家中に充満します。その為、家族の理解も得られなければできません。

客としてネイルサロンに行くと「華やかでいいな~」と感じるかもしれませんが、ネイリストの仕事は「華やかさ」だけではありません。

今回、ネイリストの仕事を調べてみて、中途半端な気持ちでは目指せない仕事だ、と強く感じました。

それでも、本当にネイルが好きで、手に職つけて頑張りたいという方には向いていると思います。

 

 - 職業紹介

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「産後ドゥーラ」ってどんな仕事?

  ≪ 目次 ≫1 産後ドゥーラとは2 産後ドゥーラに向いている人3 …

夫や子供が家にいないときに働きたい!短時間勤務ができる職種は何?

  ≪ 目次 ≫1 学生のアルバイトが多い職場は狙い目2 工場勤務3 …

写真を撮ってプチ稼ぎ

  近年、カメラを趣味に持つ若い女性が増えています。 彼女たちは「カメ …

主婦でもできる「LINE Creators Market」

  LINEユーザーであればご存知の方が多いと思いますが、4月17日よ …

家事や育児の合間にできる!メールマガジンライターって、どんな仕事?

  ≪ 目次 ≫1 どんな仕事?2 報酬はどのくらい?3 どんな人に向 …

オシャレを楽しみながら働ける、服飾雑貨販売員のお仕事

  ≪ 目次 ≫1 そもそも服飾雑貨とは2 仕事内容3 オシャレになれ …

実は主婦が働きやすい、保険営業のお仕事

  私は、結婚する前に保険営業の仕事をしている主婦の方とお話をしたこと …

主婦の需要“大”!保育士目指してみませんか?

  ≪ 目次 ≫1 求人数が多い2 資格や技術がなくても、働ける 求人 …

住宅業界は、主婦が再就職しやすい?

  仕事を辞めて数年・・・「少しずつ子どもの手が離れてきたから働きに出 …

手に職つけたい、主婦から開発エンジニアに転身?

  ≪ 目次 ≫1 女性の開発エンジニアが求められている2 ブランク中 …