*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

「応募条件」は絶対に満たしてないとダメ?

      2014/02/16

a0011_000321

 

特殊な応募条件

以下のような場合は、条件外の応募者は選考から除外されてしまうこともあります。

①応募条件の資格が「看護師」など職業資格や、事業所に資格者が必須な「宅建」などの場合

②深夜労働などの仕事で、労働基準法に沿った年齢制限のある場合

③殺到する応募者を機械的に絞る目的で条件を設定している場合

 

上記以外の場合、例外もありますが応募条件はひとつの目安と考えてよいでしょう。

 

応募条件に満たないときは、こう動く

とりあえず応募する

応募条件に満たなくても、その条件に代わる実績などを電話でアピールしましょう。

自分の希望に合う職場であれば、あきらめないことが大切です。
時期的な問題や運も一つの要素となってきますが、採用側も「好条件なのになかなか人が集まらない…」といった悩みを抱えている状況かもしれません。
どんな時でも可能性もあります。

 

強みを探す

応募先のホームページを見て、まずは会社が求めている人物像を調べましょう。

そして、アピールできる強みを探します。

 

応募書類で伝える

電話だけでなく、応募書類でも適性をアピールしましょう。
書類の提出が求められていない場合に先方に送るのはNGですが、電話よりも形に残る分、特に重要です。
簡潔に、必要な事を、最低限書かれているだけでその人の「仕事の出来・不出来」が相手に伝わるのを忘れないで下さい。

 

弱みを利用する

不利と分かっていて挑戦したことを担当者に伝えることで、注目度が上がります。
そのような逆境(不利な条件への挑戦として採用側に注目されている状況)に打ち克つ人材を好む人は決して少なくありません。
その中で自分の「人となり」、「貢献出来る余地」を存分にアピールして下さい。

逆に、どれだけ大きなアピールポイントを持っていても、注目度が低いまま終わるようでは本末転倒です。

採用側に注目されて、ようやく戦える土台に立ったと言えます。そのためには、応募書類でも面接でも、志望動機を明確に伝えることが必要です。

 - 応募するときの注意点 ,

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「未経験者歓迎」の意味

例えば、あなたが選考者の立場だったとして、「経験、資格の豊富な応募者」と「経験も資格も無い応募者」を選ばなければならない時、どちらを選ぶでしょうか。

専業主婦のときのノリで仕事を始めても、長続きしない?

  ≪ 目次 ≫1 働く前に覚悟を決める2 意識することが大切 働く前 …

通勤交通費は、いくらもらえる?

  ≪ 目次 ≫1 「支給」と「全給」2 「支給」の場合3 通勤手当の …

雇用形態のメリット・デメリット

  各雇用形態の例をあげるとキリがありませんが、パート以外の形態につい …

子持ち主婦の再就職を成功させるコツ

image by Simon Cozens (Flickr)   一度 …

求人が出たら、すぐに応募するが吉?

  ≪ 目次 ≫1 応募するなら2 早く応募するためには 応募するなら …

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

image by MOTOKI Plasticboystudio (Flickr …

短期パートの雇用形態は2種類ある?

  ≪ 目次 ≫1 2種類の雇用形態2 それぞれのメリット 2種類の雇 …

職場が家から遠いと採用されにくい?

  ≪ 目次 ≫1 家が遠いと敬遠されがち2 通勤への支障3 交通費の …

仕事探し~実際に働いている自分を想像する~

  女性の社会進出は進んでいますが、家庭との両立がうまくいかなかったり …