*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

子持ち主婦の再就職を成功させるコツ

   

保育園の入園式の日です。image by Simon Cozens (Flickr)

 

一度は専業主婦になったものの、子育て2~3年目を迎える頃になると「このまま働かなくて本当にいいのかな?」と考え始める主婦の方が多いそうです。

今回は、子持ち主婦の再就職を成功させるために頭に入れておきたい、ちょっとしたコツについてお話したいと思います。

 

子どもを預ける覚悟を決める

専業主婦のママが働くことをためらってしまう原因のひとつに、「子どもを誰かに預けることに罪悪感がある」ということがあります。

子どもも、「今までママと一緒だったのに、どうして今日はいないの?」と突然のことに泣き出してしまう子のいるでしょう。

しかし、この壁を乗り越えなくては再就職の成功は難しいです。

 

仕事の間、ママと子どもが会えない時間に慣れるためには、働く時間を徐々に増やしていくことをおすすめします。

少しずつ働き出してみてはいかがでしょうか。

 

就職活動は家族の了承を得た後で

学生時代の就職活動は自分の考えで動くことができましたが、ママの就職活動は違います。

パパなど、助けてくれる家族の了承がなければ仕事を決めることは難しいでしょう。

 

自分一人で決めた会社に採用されたけれど、後から家族に反対されて結局辞退することになってしまった・・・なんて話はしばしばあります。

応募したい会社が見つかったときは、時間帯的に働くことが可能なのかなど、家族とよく相談してからにしましょう。

 

面接で「できません」は言わない

子持ち主婦の面接で必ず聞かれるのが、「子どもが熱を出したら面倒を見てくれる人はいますか?」や「残業はできますか?」ではないでしょうか。

このような質問に対してどのように答えていますか?

 

ただ「できません」では、再就職はスムーズにいきません。

例えば残業が難しい場合は、「火曜日と金曜日は長く働けることができます」など前向きな提案をしてみましょう。

また、子どものお迎えをお願いできる人を探しておくことも大切です。

 

 

子持ち主婦の再就職には、助けてくれる周囲の存在が不可欠です。

きちんと準備をしてから、就職活動に臨みましょう。

 

 - 共働き, 応募するときの注意点, 面接

PR

PR

  関連記事

待遇を聞く場合

  ≪ 目次 ≫1 重要なことは確認すべし2 確認ポイント 重要なこと …

面接で“いじわるな質問”をされたときの回答例と対応策①

image by mrhayata (Flickr)   ときには、「 …

雇用形態のメリット・デメリット

  各雇用形態の例をあげるとキリがありませんが、パート以外の形態につい …

仕事探し~実際に働いている自分を想像する~

  女性の社会進出は進んでいますが、家庭との両立がうまくいかなかったり …

面接~絶対に避けたい最低限のこと~

    ≪ 目次 ≫1 しゃべりすぎ2 前の会社の悪口3 第 …

面接時の持ち物

  ≪ 目次 ≫1 応募書類2 就職活動ノート3 筆記用具4 携帯電話 …

面接の何分前に到着するのがマナー?

  面接において、その内容や話し方が採否の判断基準になることはもちろん …

面接官は、あなたの何を見ている?

  面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか? 「今 …

面接でマイナス面を言っても大丈夫?

  ≪ 目次 ≫1 面接で聞かれることと言えば・・・2 プラス面でカバ …

面接で“弱い部分”を質問をされたらどうしよう・・・

  ≪ 目次 ≫1 質問に恐れないで大丈夫2 無自覚のコワさ 質問に恐 …