*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

専業主婦のときのノリで仕事を始めても、長続きしない?

      2014/05/06

a0780_000112

 

働く前に覚悟を決める

専業主婦でいる時間が長ければ長いほど、再び仕事を始めたときの負担は大きいでしょう。

それは、家庭の中では、自分のペースで家事や育児をすすめられますが、外に仕事に出れば周りのペースに合わせなければ成り立たないからです。

 

以前、私が働いていた職場でも、長いブランクを経てパート採用された主婦の方がいましたが2日で辞めてしまいました。

やはり、実際に働いてみるとギャップがあり、周りのペースについていけなかったようです。

 

その反対に、長いブランクがあっても仕事を継続している主婦の方々もいました。

すぐ辞めてしまう方と違うところは、「覚悟を決めて仕事をしている」ところではないか、と感じました。

 

辞めないで働いている主婦の方々も「私にはこの仕事合わないわ~」「本当は働きたくないのよ」「ずっと専業主婦だったから、慣れるのに時間がかかるわ」と口々に言っていました。

「じゃあ、どうしてこんなに長く続けてるの?」と私が聞くと、「娘の学費のためよ」とか「自分を成長させたいからよ」などという答えが返ってきました。

 

このように、長年のブランクはあるけど、仕事を継続して頑張っている主婦は、復帰するにあたって「自分なりの覚悟」を決めています。

この覚悟があるかないかで、仕事に対する意識も変わってくるのだと思いました。

 

「この仕事、簡単そうだからやってみよ~」とか甘い考えで復帰するのなら、そのまま専業主婦でいたほうがいいと思います。

「簡単そう」で入ってきた主婦が、「こんな大変な仕事だったんだ・・・」となり、すぐに辞めていく姿を実際に何回か見ています。

簡単な仕事など、“ない”のです。

 

意識することが大切

専業主婦でいると、他人から怒られたり、重い責任を自分でとらなければならない、ということが日々の生活の中でほぼ皆無に等しいと思います。

しかし、社会復帰すると、このようなことが日常茶飯事です。

復帰して最初の頃は、「嫌だな・・・」「疲れたな・・・」となってしまうかもしれませんが、その辛い時期を乗り越えるためにも、あらかじめ「仕事はこういうものだった」と思い出しておくことが大切だと思います。

そこを乗り越えれば、楽しさや、やりがいを感じられるようになるはずです。

 

また、長年のブランクで一番失われていることと言えば、“自分で考えて自分から動くこと”ではないでしょうか。

以前、私が一緒に働いていた主婦の方も、働いて3か月が経っても指示を出さなければ動けない方がいました。

「分からないこと」は聞いていいと思います。でもそれは、やってみてどうしてもできなかったら、の話です。

 

家庭の中において、「旦那さんは今こうしてほしいのかな?」とか、周りに気を配っていれば、“自分は今どう動くべきか”というのが分かりますよね。

仕事でも、同じです。

最初は、意識しなければ動けないかもしれませんが、そのうち無意識に自分から動くことができるようになります。

復帰したての頃は大変だと思いますが、慣れるまでの辛抱です。頑張りましょう。

 

 - 応募するときの注意点 ,

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

image by MOTOKI Plasticboystudio (Flickr …

子持ち主婦の再就職を成功させるコツ

image by Simon Cozens (Flickr)   一度 …

短期パートの雇用形態は2種類ある?

  ≪ 目次 ≫1 2種類の雇用形態2 それぞれのメリット 2種類の雇 …

仕事探し~実際に働いている自分を想像する~

  女性の社会進出は進んでいますが、家庭との両立がうまくいかなかったり …

私は経験者の範囲内?

  ≪ 目次 ≫1 経験者とは2 会社が求めている人材 経験者とは そ …

通勤交通費は、いくらもらえる?

  ≪ 目次 ≫1 「支給」と「全給」2 「支給」の場合3 通勤手当の …

職場が家から遠いと採用されにくい?

  ≪ 目次 ≫1 家が遠いと敬遠されがち2 通勤への支障3 交通費の …

求められているパソコンのレベル

ワードの場合は書式設定やインデックスの付け方、ヘッダーフッターの設定、

印刷を意識したレイアウトの設定等が最低限出来ていれば問題ないことが多いでしょう。

雇用形態のメリット・デメリット

  各雇用形態の例をあげるとキリがありませんが、パート以外の形態につい …

勤務先に応募するときの注意点

  会社によっては、先に応募書類を送付するケースもありますが、パートの …