*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

短期パートの雇用形態は2種類ある?

      2014/03/18

a0002_011368

 

2種類の雇用形態

ちょっとお小遣いが欲しいな~と思ったときに便利な短期のパート。

そんな短期パートには雇用形態が2種類あるって知ってましたか?その種類は以下の通りです。

 

①直接雇用される(働きたい企業と直接、契約を結ぶケース)

これは、短期以外のパートに応募するとき、皆さんも行っているでしょう。それと同じです。

求人情報誌や求人ネットで仕事を見つけて、自分でその企業に直接、履歴書を送ったり持参したりして面接に行くケースです。

短期パートの求人が多く出るのは、企業の繁忙期などです。

 

②派遣会社に雇用される(派遣会社と契約を結んで仕事を紹介してもらうケース)

これは、派遣会社に登録しておいて、仕事を紹介してもらうケースです。

企業は短期パートが必要になると、派遣会社に依頼します。

あなたが行うことは、事前に条件を登録しておくだけです。

仕事が発生すると、派遣会社からあなたに「仕事があります」と連絡が来ます。

 

それぞれのメリット

【直接雇用のメリット】

●面接に行ったときなどに、事前にその職場の雰囲気をつかめる

●ド短期(1日、1週間など)だけではなく、3か月ほど働ける短期の仕事もある

 

【派遣会社で雇用されるメリット】

●履歴書を書いたり、面接をしないで働ける

●自分の都合に合わせて仕事ができる

●一回登録すれば、仕事を紹介してもらえる

●ほとんどの派遣会社が、日払いや週払いの給与制度なので、すぐにお金が必要なときに便利

 

このように、2つの雇用形態を比べてみると、「派遣会社の方が自分でやることが少ないからいいのでは?」と見えるかもしれませんが、派遣会社で雇用される場合は、仕事がすぐにもらえないかもしれない、交通費が出ないところもある・・ということもあります。

その為、どちらがいいとは言えません。

 

すぐにお金が必要なら派遣会社に登録してみる、ある程度長く同じ職場で働きたいなら直接雇用している職場に応募してみる、など自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。

 

 - 応募するときの注意点 ,

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

勤務先に応募するときの注意点

  会社によっては、先に応募書類を送付するケースもありますが、パートの …

「応募条件」は絶対に満たしてないとダメ?

特殊な応募条件の場合、応募者は選考から除外されてしまうこともあります。

「未経験者歓迎」の意味

例えば、あなたが選考者の立場だったとして、「経験、資格の豊富な応募者」と「経験も資格も無い応募者」を選ばなければならない時、どちらを選ぶでしょうか。

求められているパソコンのレベル

ワードの場合は書式設定やインデックスの付け方、ヘッダーフッターの設定、

印刷を意識したレイアウトの設定等が最低限出来ていれば問題ないことが多いでしょう。

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

image by MOTOKI Plasticboystudio (Flickr …

仕事探し~実際に働いている自分を想像する~

  女性の社会進出は進んでいますが、家庭との両立がうまくいかなかったり …

私は経験者の範囲内?

  ≪ 目次 ≫1 経験者とは2 会社が求めている人材 経験者とは そ …

職場が家から遠いと採用されにくい?

  ≪ 目次 ≫1 家が遠いと敬遠されがち2 通勤への支障3 交通費の …

通勤交通費は、いくらもらえる?

  ≪ 目次 ≫1 「支給」と「全給」2 「支給」の場合3 通勤手当の …

雇用形態のメリット・デメリット

  各雇用形態の例をあげるとキリがありませんが、パート以外の形態につい …