*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

入社後に後悔するのは遅い!応募先企業を探すときにチェックしたい基本的なポイント6つ

   

Tokyo 1996

image by tokyoform (Flickr)

 

転職や再就職をするときって、「自分に合う仕事(会社)に就職したい」という思いがあると思います。

では、“自分に合う仕事(会社)”に就くにはどうしたらよいのか。

それには、転職や再就職をする目的働く上での希望条件を明確にする必要があります。

これらは、応募先を探すときに非常に重要となってくることです。

 

皆さんは、どのような方法で仕事探しをしていますか?

おそらく、転職サイトや求人情報誌などを活用されている方がほとんどでしょう。

そこでありがちなのが、「あっ!この企業よさそう!」と思って細かなチェックをせずに応募してしまうことです。

果たして、その会社はあなたの希望条件に当てはまりますか?

また、逆に企業側が求めている人材にあなたは適していますか?

あなたと企業、お互いの希望がマッチしたときに、“自分に合う仕事(会社)”に就くことができるでしょう。

 

ただ、自分の希望を全て満たすのは難しいことです。

目的や希望条件に対して優先順位をつけ、譲れる範囲内で仕事探しをしましょう。

前置きが長くなりましたが、応募先企業を探して選ぶときは、基本的なことではありますが次のポイントをチェックしてみてください。

 

雇用形態

正社員、契約社員、派遣、アルバイト、パートなど、雇用形態によって働き方が異なります。

自分が希望する働き方を、よく考えた上で決めましょう。

 

職種・仕事内容

事務、営業、技術者、接客、教育・・・など、仕事には様々な職種があります。

就きたい職種を明らかにしておいてください。

また、その職種において、“自分ができる業務”と“やってみたい業務”を書き出してみましょう。

 

勤務時間・休日

特に、家庭と仕事を両立しなければならない主婦にとって、勤務時間や休日は重要なポイントですよね。

働ける時間帯、休日を取得したい曜日などを書き出してみましょう。

 

勤務地・通勤時間

主婦の場合、できれば家からなるべく近い職場で働きたいと考えるのではないでしょうか。

自分はどの距離までなら通勤できるのか、決めておきましょう。

一般的には、遠くても片道1時間半程度が限度のようです。

それ以上の距離だと、自分は通勤できると思っていても、企業側は交通費の負担が大きくなるので、不採用になることがあるかもしれません。

 

給与

ステップアップの転職の場合、前職よりも年収を上げることを目的とするでしょう。

その場合は、譲歩できる希望給与をある程度決めておきましょう。

また、最低この金額はないと生活できないという月の給与も計算してください。

 

職場環境

例えば、キャリアアップをしていきたいという目的が強いのであれば、研修制度が整っていたり、資格取得の支援をしてくれる会社を中心に仕事探しをしますよね。

また、キャリアアップよりも、アットホームな職場で働くことを優先したいと考える方もいるでしょう。

このように、人それぞれ職場に求めるものは異なると思います。

自分はどんな職場で働きたいのか、書き出してみると応募すべき企業が見えてくるかもしれません。

 

 

 - パート・仕事を探す方法

PR

PR

  関連記事

パートを探す方法~フリーペーパー~

  ≪ 目次 ≫1 フリーペーパー2 フリーペーパーでの仕事探しに向い …

卒業してからすぐに結婚して社会人経験がない・・・職歴なしでも社会で働ける?

  ≪ 目次 ≫1 不安は付き物2 今までの人生を思い出してみる3 ま …

職業適性診断

  ≪ 目次 ≫1 いざ、パート先を選ぶとなったとき2 仕事をするため …

仕事探しを始める前に行うと良いこと☆

  「仕事を始めよう!」と思ったとき、まず何をしますか? ほとんどの方 …

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

  ≪ 目次 ≫1 「学び直し」とは?2 就職の保障はない 「学び直し …

託児所完備の求人

  働きたいけど子どもの預け先がなくて困っているママ、多いと思います。 …

「ジョブ・カフェ」って何?

  ≪ 目次 ≫1 ジョブ・カフェとは2 お茶は出ない?3 サービス内 …

自分のペースで働きたいなら、登録制パートがおすすめ

  ≪ 目次 ≫1 登録方法2 登録制パートのメリットとデメリット 登 …

短期パートの活用方法

  日払いや週払いで、すぐにお給料をもらえるのが魅力的な短期パート。 …

ブランクを負い目に思わないで!家事や子育ての経験が仕事に結びつく?

  ≪ 目次 ≫1 ブランク期間は無駄ではない2 家事が仕事につながる …