*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

   

a0001_000186

 

「学び直し」とは?

国では、平成24年度から「働く『なでしこ』大作戦」が開始されました。これは、女性の活躍を促進して社会経済の活力アップを目指そうという計画です。

その中でも、女性の復職やキャリアアップは強化されていて「学び直し」という名で支援が行われています。

 

また、毎日新聞(2014年8月14日)の記事には、“文部科学省は来年度から、出産や子育てで退職した女性がキャリアアップする「学び直し」施策を大幅拡充する方針を決めた”とあります。

記事にも書いてある通り、「学び直し」施策では、大学や専門学校、公民館などで専門知識や技能を身につけることができます。

「結婚や出産を機に仕事を辞めたけれど、やっぱりもう一度働きたい」と思っても、ブランクのある自分に自信が持てなくて不安になる方は多いのではないでしょうか。

「学び直し」施策では、その名の通り知識や技能を“学び直す”ことができるので、社会復帰への不安を自信へと変えることができるかもしれません。

実際、日本経済新聞(2013年10月11日)によると、修了した89人中、85人の方が起業や再就職をして働いているそうです。

 

ただ、費用は40~60%が給付されるものの本人負担です。

主婦でお金に余裕がある人は少ないですよね(>_<)

その為、「とりあえず」という気軽な気持ちではできません・・・。

逆に言えば、「目標がハッキリ決まっている」「家計に余裕がある」という方には適しているでしょう。

 

就職の保障はない

「学び直し」の期間は3年程度と長く、その仕事が始められる“免許”を取得することができますが、直接就職につながるわけではありません。

あくまでも、知識や技能を習得することで自信を持って社会復帰してほしいというのが目的です。

 

「学び直し」では、自ら学び、自ら再就職の準備をしていかなければなりません。

その為、「学び直し」を頑張ってみようという場合は「何の専門知識や技能を身につけたいのか」「どんな社会貢献ができるのか」「学び直し後はどうしたいのか」などをよく考え、学ぶ目的をハッキリさせることが大切です。

目的がハッキリしていないと、何のために学んでいるのか見失い、再就職が先送りになってしまう恐れがあるのでそれだけは気をつけたいところです。

 

 - パート・仕事を探す方法, 共働き, 資格

PR

PR

  関連記事

2015年度から新設。育児経験がある主婦が対象の「子育て支援員」資格とは?

  時事ドットコムの記事(2014年5月28日)によると、2015年度 …

ブランクを負い目に思わないで!家事や子育ての経験が仕事に結びつく?

  ≪ 目次 ≫1 ブランク期間は無駄ではない2 家事が仕事につながる …

夫がパートに反対したら、どうすればいい?

  「社会から取り残されている気がするから働きたい」「自由に使えるお小 …

夫に家事育児の分担を頼みやすくする方法

  新年度がスタートしましたね♪ 専業主婦の生活から一変、パートを始め …

仕事探しを始める前に行うと良いこと☆

  「仕事を始めよう!」と思ったとき、まず何をしますか? ほとんどの方 …

ちょっと待った!本当にその会社で後悔しない?

  ≪ 目次 ≫1  できる限り、求職活動中に見極める2 もう一度、求 …

「再就職しよう」と決断したときに、まず始めること

  しばらく仕事から離れていたけれど「再就職しよう」と決めたとき、まず …

主婦に人気のパートTOP5

人気ジャンルの理由や仕事内容についても簡単に紹介しています。

仕事と家庭、両立するためには

仕事と家庭を両立している主婦は半数を超えますが、そのうちの多くの方が不満を持っています。

仕事をしている主婦が、両立のために必要だと思っていることは「時間や目的など条件に合う仕事」と一部団体の調査結果もあるようです。

パートを探す方法~パートバンク・パートサテライト~

  ≪ 目次 ≫1 パートバンク・パートサテライト2 パートバンクはパ …