*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

託児所完備の求人

   

a0001_013141

 

働きたいけど子どもの預け先がなくて困っているママ、多いと思います。

そんなときは、託児所が付いている仕事を探してみてはいかがでしょうか。

 

“託児所完備”で探す

求人サイトで仕事を探すときに、フリーワード検索に“託児所完備”と入力すると、託児所が付いている仕事が表示されます。

 

<参考>

マイナビ

パートでバイトル

シフトワークス

とらばーゆ

はたらこねっと

 

両親が遠方にいて預けられない方や、保育園に入れなかった方は、託児所完備の会社も視野に入れて仕事探しをしてみるのも一つの方法だと思います。

 

企業の子育て支援制度

企業が独自に子育て支援を行っているところもあります。

また、その中にはパート勤務でも適用される制度があるので、子育て支援制度を行っている企業を中心に仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

 

■社員形態の場合、利用ができる

・10時出社、16時退社

・フレックス勤務制度

などの時短勤務が可能

 

■パートの場合も利用できる 

・会社の託児所に子どもを預ける

・自社経営の幼稚園に入園できる

・子育て支援金が支給される(保育園費手当、出産祝い金など)

 

くるみんマーク

“くるみんマーク”、聞いたことのある方が多いと思います。

これは、子育てサポート企業としての基準(女性従業員の育児休業取得率が70%以上であること、男性従業員のうち育児休業等を取得した者が1人以上いること・・・など9項目の認定基準がある)をクリアした企業に対して、厚生労働省が認定するものです。

認定されると、次世代認定マーク“くるみん”の使用許可が許され、子育てをサポートしている企業であることをアピールすることができます。

 

ただ、くるみんマークを取得している企業だからと言っても内実は様々なようで、子育てと仕事を両立しやすいかどうかは会社次第のようです・・・。

しかし、仕事を選ぶときの判断材料にはなると思います。

 

子どもの預け先は保育園だけではありません。

企業独自で子育て支援を行っているところも視野に入れれば、社会復帰の選択肢が増えるのではないでしょうか。

 

 - パート・仕事を探す方法, 共働き , ,

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今さら聞けない「配偶者控除」の仕組み

  パートを始める前に知っておきたいのが、世帯年収に関わってくる配偶者 …

子供が風邪ひいたけど、仕事は休めない・・・そんなとき利用できるのが病児・病後児保育

  子供が病気になったとき、本来は自分で看病してあげたいけど、共働きだ …

仕事と子育て、どちらも楽しんでいる女性の共通点

  仕事と子育ての両立を苦に思わず楽しんでいる女性には共通点があります …

再就職したいけど、はじめの一歩が踏み出せないときは「主婦インターンシップ」

  「中小企業新戦力発掘プロジェクト」というのが国の事業としてあります …

母子家庭の就職支援

  「母子家庭等就業・自立支援センター」、というシングルマザーの就職を …

パートから正社員になるための術

  ≪ 目次 ≫1 パートから正社員を目指す2 正社員になるための術 …

仕事をしながら次の仕事を探すなら、転職エージェントを利用すると効率的!

  皆さんは、仕事を探すときに“転職エージェント”を利用したことはあり …

「小1の壁」、どうやって乗り越える?

  子どもが保育園から小学校に上がることで、働いているお母さんがぶち当 …

「再就職しよう」と決断したときに、まず始めること

  しばらく仕事から離れていたけれど「再就職しよう」と決めたとき、まず …

夫に家事育児の分担を頼みやすくする方法

  新年度がスタートしましたね♪ 専業主婦の生活から一変、パートを始め …