*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

ちょっと待った!本当にその会社で後悔しない?

      2014/03/13

a0002_004090

 

 できる限り、求職活動中に見極める

「実際に働いてみないと、その職場のことは分からない」とよく言いますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

確かに、実際に働いてみないと分からない部分もあると思います。

 

しかし、就職する前に分かることもあるはず!

働き始めてから後悔しないためにも、できる限り、見れるところは見ておきましょう。

 

では、求職活動中に確認できることって何だろう、と考えてみます。

 

おふでがよくやることは、面接終わりに、職場を見学させてもらうことです。

面接する人が多くて時間がつまっている場合は難しいですが、お願いしてみる価値はあります。

また、こちらからお願いしなくても「一緒に職場を見てまわりましょう」と、面接終了後に見学させてくれるところもありました。

 

見学中に、その会社で働いている人と階段などですれ違ったときに、気持ちのいい挨拶をしてくれる職場もあれば、働いている人が無愛想な職場もありました。

これだけで社内の全てが分かるわけではありませんが、もし採用を頂けたら、そのときの判断材料にできるのではないでしょうか。

やはり、実際に見学するだけでも、その職場の雰囲気がつかめると思いますよ♪

 

応募先がスーパーやファミレスの場合は、客として出向き、「どんな仕事をしているのか」「職場の雰囲気」などを観察してみるのもいいでしょう。

 

また、会社の終業時間に合わせて出向くことで、従業員がその時間に帰れているかを確認することができます。

もし従業員がまったく出てこない場合は、残業が多いのかもしれませんよね・・・。

 

もう一度、求人情報の内容を確認してみる

「お給料のこと」「勤務時間」「勤務地」「仕事内容」「休日休暇」など、これらは求人情報から得られることです。

自分の希望条件にマッチしているか、もう一度、よく確認してみてください。

 

もし採用された場合、「やっぱり、この勤務時間帯では働けない」などとなって、辞退する・・・なんてことになったら、応募先に迷惑がかかります。それだけは避けましょう。

 

チャンスを逃さないために

採用の電話がかかってきたときに、「採用です。~日から働いて頂きたいのですが、いかがでしょうか?」などと聞かれると思います。

そのとき、まだ気持ちが固まっていなければ返事を先延ばし(一般的に1週間くらい)させてほしい、とお願いしてもいいのですが、早く働いてほしいと思っている会社がほとんどです。

その為、よほど欲しい人材でない限り、他の人に採用のチャンスが渡ってしまいます。

 

それって残念じゃないですか?

このような事態を避けるためにも、本当にその職場で働きたいか、自分の気持ちを事前に固められるようにしておくことが大切だと思います。

 

 - パート・仕事を探す方法

PR

PR

  関連記事

仕事の向き不向きは3か月以内に分かる?

  ≪ 目次 ≫1 仕事を選ぶとき2 3か月がキーポイント 仕事を選ぶ …

パートから正社員になるための術

  ≪ 目次 ≫1 パートから正社員を目指す2 正社員になるための術 …

子育て後に再就職を考えている女性は、今から準備を!

  出産のタイミングで仕事を辞めたけれど、将来的には「また働きたい」と …

将来は、正社員になりたい

  ≪ 目次 ≫1 将来を見据えたパート探し2 パートから正社員へ 将 …

パートを探す方法~フリーペーパー~

  ≪ 目次 ≫1 フリーペーパー2 フリーペーパーでの仕事探しに向い …

ブランクを負い目に思わないで!家事や子育ての経験が仕事に結びつく?

  ≪ 目次 ≫1 ブランク期間は無駄ではない2 家事が仕事につながる …

仕事をしながら次の仕事を探すなら、転職エージェントを利用すると効率的!

  皆さんは、仕事を探すときに“転職エージェント”を利用したことはあり …

「ジョブ・カフェ」って何?

  ≪ 目次 ≫1 ジョブ・カフェとは2 お茶は出ない?3 サービス内 …

仕事探しを始める前に行うと良いこと☆

  「仕事を始めよう!」と思ったとき、まず何をしますか? ほとんどの方 …

自分のペースで働きたいなら、登録制パートがおすすめ

  ≪ 目次 ≫1 登録方法2 登録制パートのメリットとデメリット 登 …