*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接で好印象を与えるコツ

      2014/02/16

a1380_000112

 

全身で話を聞く

話の腰を折ったり、「もう一度、言ってください」などはNGです。

面接担当者の話を真剣に聞いていれば、相手に不快な印象を与えない、自然な反応も出てきます。

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

面接担当者の話に対して反応する際も、オーバーな反応はせず、一つ一つその言葉の意図や背景が何を指しているのか、どのような反応をしたら相手が不快に思わないかを意識しながら行いましょう。

 

質問を読み取る

話に対しての反応時のポイントと同じです。

面接担当者は、応募者の本音を探るために様々な質問をしてきます。

何気ない世間話や、特定の勤務条件などの意思確認に思えるようなことでも、目線、言葉尻、返答内容全てを総合して、相手が建前で言っているのか、本心から言っているのかを肌で感じていると考えて下さい。

特別な訓練を受けた人間でなくても、そのような「状況から相手を判断する能力・直感力」というのは、何度も同じような面接を経験している面接担当者なら自然と培われるものです。

(逆に、いつまでも面接が上達しない、碌な人間を採用しないと思われる人は面接担当者の任を外されます。人事は会社にとっての人材・人財を獲得する非常にセンシティブな業務です)

応募者は、上辺だけの質問内容に脊髄反射で返答するのではなく、その意図を読み取って冷静に答えていくことが大切です。

 

自分の言葉で説明する

志望動機などは、具体的な体験談などを交えて伝えることが大切です。

面接担当者は、様々な応募者の面接をしているので、見本のような話をすればすぐに「あ、またこの話か」とバレてしまいます。

 

回答は簡潔・具体的に

たとえば、「ご兄弟はいますか?」と聞かれて「はい」といった返事だけでは、あまり印象が良くないです。

「弟と妹との3人兄弟です」など、簡潔に具体的に答えましょう。

 

感謝を忘れずに

面接担当者は、多忙な時間を割いて面接をしてくれています。

簡単でもいいので、感謝の気持ちを伝えてみてください。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

経験や資格がない・・・面接で何をアピールすればいい?

  「子育てが一段落したから働きに出ようかな~」と思ったら、自分は40 …

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …

面接で緊張してしまう・・・緊張を少しでも和らげるには?

  面接って、何度経験しても緊張するものですよね。 しかし、緊張のしす …

再就職に成功しやすい主婦の特徴

  面接に何度もチャレンジしている主婦が多い中、一発で再就職を決められ …

面接~絶対に避けたい最低限のこと~

    ≪ 目次 ≫1 しゃべりすぎ2 前の会社の悪口3 第 …

「前職経験」を面接で聞かれたら、どう答える?

  ≪ 目次 ≫1 話す内容の取捨選択をする2 長い話はダメ 話す内容 …

基本的なことが意外とできてないかも?面接成功のポイント

  ≪ 目次 ≫1 電話で応募するとき2 面接前の準備3 面接当日 電 …

面接の服装は、「自分らしい服装で」「自由な服装で」「スーツ以外で」と言われたら?

  職種によっては、スーツで面接に行かなければダメな場合もありますが、 …

面接~短時間で具体的に伝える~

  ≪ 目次 ≫1 最初の2分が勝負2 数値化 最初の2分が勝負 応募 …

面接で「質問ありますか」と聞かれたときは・・・

  ≪ 目次 ≫1 入社意思を再アピールする2 質問がなくても大丈夫 …