*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

圧迫面接を受けたときの対応

      2014/02/16

a1620_000830

 

圧迫面接とは

担当者が応募者に対して、言葉や態度でプレッシャーをかけてくることです。

これによって、応募者の対応力を見ています。

 

しかし、厳しいことを言われたからといって、すべてが圧迫面接だとは限りません。

「お子さんが急に風邪ひいたら誰が迎えに行くの?」「どうしてブランクが長いの?」などの質問も

応募者の捉え方によっては、圧迫面接だと思う人もいるからです。

 

 

圧迫面接のタイプ

1.無反応

応募者の顔を見ないで話したり、応募者が質問に答えても黙ったまま次の質問に突入する。

淡々と答えたり無言になるのは避け、少しでも反応を示してくれる担当者に向けて話しましょう。(面接担当者が一人しかいないのであれば、”そういう人なんだな”とあまり深く考えずに、楽に構えましょう)

そして、自分の発言に明らかに落ち度や足りない点があったな、と思った時は「ご不明な点があれば補足いたします」又は、「何か問題がありましたでしょうか?」などと問いかけます。

 

2.否定ばかり

応募者が回答しても「私はそうは思わないけど」などと言う。

「ご指摘ありがとうございます。確かにそうですね」と、まずは受け入れましょう。

それから、もう一度自分の思いを伝えます。
このような事を言う方は(単に底意地が悪いだけの人も中にはいますが)、明確な根拠や論理的な裏付けを求めているだけかもしれません。
自分の思いを伝える上で、相手の目線や社会的、性別的な立場を考えた場合、分かりやすく筋道の通ったものだったかどうかを振り返った上で話すようにしましょう。

 

3.いきなり怒りだす

「あなたに当社は向いていない」などと、いきなり怒る。

結論から言うと、逆ギレは絶対にやめましょう。
ここまで言われると、面接担当者の心情がどうであれ、応募者側の心情としては決して穏やかなものではありませんが、ここで場を荒立ててもロクなことがありません。最悪、他の会社への面接時にまで糸を引く(面接時に問題を起こす応募者として情報が伝わる)リスクすらあり得ます。

対処方法として、まずは「申し訳ありません」と謝ってください。

そして、自分の何処が至らなかったかを教えてもらえるようお願いしましょう。

相手も同じ人間です。聖人君子ではありません。
合う・合わないの相性は必ずあります。

個人的には、傾向として「相性が合わない」面接担当者が上で挙げたような返答をするケースが多いように思います。

圧迫面接に限った話ではありませんが、人間関係で嫌な思いをしてしまったとしても、そこで苦手意識を作らないよう、「相性の合わない相手だからこそ、良い勉強をさせてもらった」と開き直る突き抜けた達観さが、人間を魅力的にする、人としての強さになるのではないかと思います。

 - 面接

PR

PR

  関連記事

採用側が重視する3大要素

  ≪ 目次 ≫1 採用側がチェックしている3大要素2 「能力」だけで …

面接の日時変更は、印象が悪い?

  ≪ 目次 ≫1 数日前までにお願いする2 どうしても当日行けなくな …

好印象を与えるビジネスメイク

  女性はメイクの仕方によって雰囲気が変わってきますよね。 私も自分の …

面接後の結果待ち期間を無駄にしない

  面接が終わった後、結果を待っているときって落ち着かなくてそのことば …

面接で緊張してしまう・・・緊張を少しでも和らげるには?

  面接って、何度経験しても緊張するものですよね。 しかし、緊張のしす …

「自己PR」では

  ≪ 目次 ≫1 面接終盤の自己PR2 ライバルに差をつけるために …

実際に働いてみたら、労働条件が面接時の説明と違ったとき

  主婦は仕事をするにあたって、家庭との両立をしなければなりません。 …

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …

面接に受かる服装

  ≪ 目次 ≫1 スーツ2 ブラウス、シャツ3 ストッキング4 靴5 …

面接時の持ち物

  ≪ 目次 ≫1 応募書類2 就職活動ノート3 筆記用具4 携帯電話 …