*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

「自己PR」では

      2014/02/05

a0001_001167

 

面接終盤の自己PR

パートや転職の場合、面接の初めに「自己PRをしてください」と言われることは少なく、

面接の終わりごろに「あなたの“強み”は何ですか?」と聞かれるケースが多いです。

もし「自己PRをしてください」と言われたら、氏名と年齢、職歴を伝えれば大丈夫です。

 

 

例)「あなたの“強み”は何ですか?」と質問された場合

「私は簿記検定を取得していますが、経理事務は未経験です。しかし、私には“強み”があります。それは、前職の総務経験です。 給与計算や社会保険関連の手続きも担当してきました。 先ほど、御社では経理事務職がそうした業務を担当すると伺いましたので、前職経験を役立て貢献したいと考えています

 

上記は、「自己セールス」ができている例です。

それは、担当者の話をよく聞き、その話の中で知った情報にマッチした、

自分の経験を上手に伝えているからです。

 

ライバルに差をつけるために

面接担当者が聞いているのは、「あなたを採用するメリット」です。

 

それが、「意欲があります!」では何の説得力もありません。

実績を伝えることが必要です。

 - 面接

PR

PR

  関連記事

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

面接で“いじわるな質問”をされたときの回答例と対応策②

  面接では、わざと“いじわるな質問”をされることもあります。 しかし …

「前職経験」を面接で聞かれたら、どう答える?

  ≪ 目次 ≫1 話す内容の取捨選択をする2 長い話はダメ 話す内容 …

待遇を聞く場合

  ≪ 目次 ≫1 重要なことは確認すべし2 確認ポイント 重要なこと …

面接~不用意な発言~

  ≪ 目次 ≫1 不用意な発言で・・・2 伝え方をはきちがえる 不用 …

面接~短時間で具体的に伝える~

  ≪ 目次 ≫1 最初の2分が勝負2 数値化 最初の2分が勝負 応募 …

面接時間が短い・・・落ちた?

面接に慣れた社員の場合、「重要なポイントを押さえている」と短時間で判断してくれた場合は5分程度で終わることも少なく無いケースとしてありえますし、逆に、面接に慣れていない社員が不必要に世間話を膨らませた結果、20分、30分と時間が伸びることもあります。

面接~言葉以外のコミュニケーション~

  ≪ 目次 ≫1 実は・・・2 模擬面接 実は・・・ 印象、外見など …

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …

面接の基本動作とマナーのポイント

  ≪ 目次 ≫1 現地到着2 受付3 控え室4 入室5 あいさつ6 …