*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接~短時間で具体的に伝える~

      2014/01/14

a1180_005994

 

最初の2分が勝負

応募者が多い企業では、1人にかける面接時間は短くなります。

要点のまとまらない話は避けてください。

 

「何をしたいか」ではなく、「何ができるか」短時間で具体的に伝えましょう。

 

数値化

最もアピール度が高いのは、数値化です。

 

面接にのぞむときは、これまでの仕事のなかから、2つ3つは数値化して説明できるものを

準備しておくと良いでしょう。

 

「短時間で具体的に」あなたの能力、実績を面接担当者に印象付けましょう!

 - 面接

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

面接の何分前に到着するのがマナー?

  面接において、その内容や話し方が採否の判断基準になることはもちろん …

面接で「質問ありますか」と聞かれたときは・・・

  ≪ 目次 ≫1 入社意思を再アピールする2 質問がなくても大丈夫 …

面接で受かる人と落ちる人の違い

  新卒の就職活動をしていた学生の頃、周りの友達を見てみると殆どの面接 …

面接中、第一印象を台無しにしているかもしれない些細なこと

  面接の採否は、第一印象で決まると言っても過言ではないでしょう。 そ …

職種別、パート面接の服装

  「正社員でもないのにスーツ着なきゃダメ?でも学生のバイトではないし …

面接後の結果待ち期間を無駄にしない

  面接が終わった後、結果を待っているときって落ち着かなくてそのことば …

他社を受けている場合は隠したほうがいいの?

  ≪ 目次 ≫1 受けているなら・・・2 正直に話す 受けているなら …

面接の日時変更は、印象が悪い?

  ≪ 目次 ≫1 数日前までにお願いする2 どうしても当日行けなくな …

面接官は、あなたの何を見ている?

  面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか? 「今 …

面接~絶対に避けたい最低限のこと~

    ≪ 目次 ≫1 しゃべりすぎ2 前の会社の悪口3 第 …