*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接~短時間で具体的に伝える~

      2014/01/14

a1180_005994

 

最初の2分が勝負

応募者が多い企業では、1人にかける面接時間は短くなります。

要点のまとまらない話は避けてください。

 

「何をしたいか」ではなく、「何ができるか」短時間で具体的に伝えましょう。

 

数値化

最もアピール度が高いのは、数値化です。

 

面接にのぞむときは、これまでの仕事のなかから、2つ3つは数値化して説明できるものを

準備しておくと良いでしょう。

 

「短時間で具体的に」あなたの能力、実績を面接担当者に印象付けましょう!

 - 面接

PR

PR

  関連記事

笑顔で面接を受ければ採用される?

  「笑顔だけで採用してもらえるなら苦労しないよ・・・」と思いますが、 …

好印象を持ってもらうために~基本的なポイント~

  特に面接の場などにおいては、面接官が応募者に持つ第一印象で採否が決 …

面接~シミュレーションチェックシート~

  面接は試験、試験には正解がある   【質問内容】☆=質問 …

面接~不用意な発言~

  ≪ 目次 ≫1 不用意な発言で・・・2 伝え方をはきちがえる 不用 …

面接時間が短い・・・落ちた?

面接に慣れた社員の場合、「重要なポイントを押さえている」と短時間で判断してくれた場合は5分程度で終わることも少なく無いケースとしてありえますし、逆に、面接に慣れていない社員が不必要に世間話を膨らませた結果、20分、30分と時間が伸びることもあります。

面接で緊張してしまう・・・緊張を少しでも和らげるには?

  面接って、何度経験しても緊張するものですよね。 しかし、緊張のしす …

面接中、第一印象を台無しにしているかもしれない些細なこと

  面接の採否は、第一印象で決まると言っても過言ではないでしょう。 そ …

履歴書写真の基本ルール

  履歴書に目を通す際、最初に目が行きやすいのはどこでしょう。 学歴欄 …

面接で受かる人と落ちる人の違い

  新卒の就職活動をしていた学生の頃、周りの友達を見てみると殆どの面接 …

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

  「再就職するために活動を始めたけれどなかなか採用につながらない」、 …