*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

パート面接の服装に迷ったときは

      2015/07/28

a0001_013655

 

パートの面接

パートの場合、ほとんどの試験が面接一発勝負です。

今は、パートでも競争率が高いのが現実なので、条件の良いパートや人気のパートであれば、採用されることは非常に難しいでしょう。

では、パートの面接を合格するためにはどうしたら良いのでしょう。

 

まずは服装

面接の悩みの一つが服装です。

銀行や大手企業の場合はスーツが良いですが、アパレル関係のパートだと服装も採点の基準になるようです。

パートの面接は、そういった面で服装の選択が非常に重要になってきます。

 

社風にもよりますが、カジュアルすぎる服装は避けたほうが良いでしょう。

そして、清潔感があり、どんな状況でも失礼のない服装をおすすめします。

 

ジャケットは必須!

必ずジャケットを着用しましょう。

マナーでもありますが、「しかっりしている」「真剣」などと、あなたを演出する効果があります。

 

事務系であれば、スーツが無難ですが、そうでない場合はジャケットとスカートorパンツでも良いでしょう。

 

基本的な面接の服装

スーツ(黒・紺・グレー)襟付きのブラウスやシャツパンプスが無難です。

 

ただ、パート先の職種によっては「あまりかしこまった格好で来ないでほしい」と考えている採用担当者もいるそうです。

スーパーやコンビニ、飲食店など割とカジュアルな格好で仕事をするパート先の面接では、アンサンブルを着用してもいいでしょう。

(参考記事:職種別、パート面接の服装

 

しかし、何を着たらいいか本当に迷ってしまった場合は、ジャケットを着用することをおすすめします。

このとき気をつけたいのが、ジャケットに合わせるスカートやパンツ、インナーです。

 

スカートは、短過ぎず長過ぎず、膝丈のものを選びましょう。

もちろんスリットの深いデザインやフリフリしてるものは避けます。

 

パンツは、中途半端な丈のものは避け、フルレングスを選びましょう。

パンツのデザインも仕事場にふさわしいものを着用します。

派手な色や柄物などはNGです。

 

インナーは、襟付きのブラウスやシャツの他に、シンプルなカットソーなどを着てもOKですが、胸元の開き過ぎているもの、お腹や腰が出てしまうようなものは避けましょう。

 

正社員の面接であれば、迷うことなくスーツを着用すると思いますが、パートの面接は職種によって服装選びがとても難しいですよね。

そんなときは、スーツやジャケットを着用することが無難と言えるでしょう。

しかし、スーツが汚れていたりシワシワでは意味がありません。

服装で一番大切なことは清潔感があるかどうか、ということです。

スーツやジャケットにペットの毛や食べ物の汚れがついていないかよく確認してから、面接に臨むようにしましょう。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

面接で「質問ありますか」と聞かれたときは・・・

  ≪ 目次 ≫1 入社意思を再アピールする2 質問がなくても大丈夫 …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

面接で「志望動機」を聞かれたら・・・

  ≪ 目次 ≫1 具体的に説明する2 あらかじめ会社について調べる …

面接官は、あなたの何を見ている?

  面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか? 「今 …

面接~質疑応答の流れ~

  一般的な質疑応答の流れ ■あいさつ(応募書類の提出)        …

子なし主婦のほとんどが面接で聞かれる、アノ質問

  ≪ 目次 ≫1 「お子さんの予定は・・・?」2 短期の仕事が狙い目 …

採用側が重視する3大要素

  ≪ 目次 ≫1 採用側がチェックしている3大要素2 「能力」だけで …

面接時間が短い・・・落ちた?

面接に慣れた社員の場合、「重要なポイントを押さえている」と短時間で判断してくれた場合は5分程度で終わることも少なく無いケースとしてありえますし、逆に、面接に慣れていない社員が不必要に世間話を膨らませた結果、20分、30分と時間が伸びることもあります。

再就職に成功しやすい主婦の特徴

  面接に何度もチャレンジしている主婦が多い中、一発で再就職を決められ …

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …