*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接で○○な逆質問はNG!

   

ばってん

 

面接の終盤でよく聞かれるのが「何か質問ありますか?」という質問です。

このときNGな逆質問があるので注意が必要です。

今回は、どんな逆質問がNGなのかお話したいと思います。

面接で損をしないために事前に調べておきましょう。

 

準備不足な逆質問

面接を受けることになったとき、その会社のことを調べていますか?

正社員で受ける場合は、これは当たり前に行うことですが、パートの場合はそこまでする方は少ないのではないでしょうか。

 

しかし、本気でその会社で働きたいのであれば企業研究をしたほうがいいでしょう。

なぜならば、「何か質問ありますか?」と聞かれたときに「御社はどんな商品を取り扱っているのですか?」など、ホームページを見れば分かるような逆質問をしてしまう恐れがあるからです。これでは「この人は本気でうちで働きたいわけではないんだな」と思われても仕方ありません。

 

また、事前にホームページなどで企業研究をしておくと「御社は~だから、ここで働きたい」と志望動機も明確に伝えることができます。

さらに、面接を受ける会社と同じ業種の会社の企業研究もしておくと、2社を比較して志望動機を伝えることができるので良いでしょう。

 

<NGな逆質問例>

●企業理念を教えてください

●御社ではどのような商品を取り扱っていますか?

●御社の事業内容は何ですか?

など。

 

不安たっぷりな逆質問

新しい環境で働くとなると誰だって不安は付き物ですよね。

しかし、面接では不安を抑えましょう。会社は不安要素を感じる人材を採用したいとは思いません。

 

特に未経験の職種だと逆質問のときに「未経験ですが、仕事を覚えられますか?」などと聞きがちですが、これはNGです。

会社は学校ではありません。覚えるのは当たり前で利益を上げることが会社の目的です。

その為、後ろ向きな考えだと採用は難しいです。自信を持って面接に臨みましょう。

 

もし不安な場合は、「前職では△△の経験を通して△△を身につけましたが、御社では未経験者向けの研修などはあるのでしょうか?」などと逆質問してみましょう。

面接官は、あなたがどんな仕事をしてきたのか、何ができるのかということも知りたがっています。

 

<NGな逆質問例>

●未経験ですが、大丈夫ですか?

●すぐに仕事を覚えられますか?

●勉強する時間はありますか?

など。

 

熱意が感じられない逆質問

会社を選ぶ際、給与・休日・福利厚生の面はとても気になるところでしょう。

逆質問をするときに聞いてもいいのですが、あまりにも待遇面ばかりを気にしていると「この人は給与のことしか頭にないんだな」と思われてしまいます

また、求人情報に記載されている内容は逆質問しないように注意しましょう。

 

<NGな逆質問例>

●定時で帰れますか?

●週に何回お休み頂けますか?

●平均年収はどれくらいですか?

など。

 

求人情報では分からないけど、どうしても聞いておきたい場合は「前職では繁忙期には残業をしておりました。求人情報に“残業あり”と記載がありましたが、御社の平均的な残業時間を教えてください」などと、残業できないわけじゃないということをアピールしつつ、さりげなく残業時間を教えてもらいましょう。

 

また、待遇面の話をするなら面接の最後は絶対に避けてください

最後というものは深く印象に残るものです。

待遇面の話で面接が終了するのは印象が悪いので気をつけましょう。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

職種別、パート面接の服装

  「正社員でもないのにスーツ着なきゃダメ?でも学生のバイトではないし …

面接で“いじわるな質問”をされたときの回答例と対応策②

  面接では、わざと“いじわるな質問”をされることもあります。 しかし …

面接時に聞きにくいこと、どう切り出す?

  ≪ 目次 ≫1 NG&OKな切り出し方2 質問するときの注意点 N …

採用に近づくための面接での話し方

  家族に「お母さんの話は長い」とか「話があっちこっちにとびすぎ!」と …

応募者は一方的に面接されるだけではいけない

  ≪ 目次 ≫1 面接に対する勘違い2 応募者としてのポイント3つ …

面接で「質問ありますか」と聞かれたときは・・・

  ≪ 目次 ≫1 入社意思を再アピールする2 質問がなくても大丈夫 …

面接でマイナス面を言っても大丈夫?

  ≪ 目次 ≫1 面接で聞かれることと言えば・・・2 プラス面でカバ …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

「自己PR」では

  ≪ 目次 ≫1 面接終盤の自己PR2 ライバルに差をつけるために …

面接の基本動作とマナーのポイント

  ≪ 目次 ≫1 現地到着2 受付3 控え室4 入室5 あいさつ6 …