*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接官は、あなたの何を見ている?

   

a0007_001385

 

面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか?

「今回もうまく話せなかった」「これを言いたかったのに、うまく伝えられなかった」・・・これは私がよく面接で落ちてしまった人から聞く言葉です。

しかし、よく考えてみてください。本当にうまく話せなかったことが原因で不採用になってしまったのでしょうか?自分が面接官だったら、それだけの理由で不採用にしますか?

もし、書類選考は通過したのに面接で不採用になった場合は、尚更、他に原因があると考えたほうが良いでしょう。

 

では、面接官はあなたの何を見て採否を決めているのでしょうか?

 

基本的なビジネススキル

「面接の時間に遅刻しない」「忘れ物をしない」「笑顔で挨拶ができる(社内ですれ違った人にも)」という基本的なところから見られています。

時間に余裕を持って行動し、約束の時間5~10分前には受付できるようにしてください。また、応募書類や筆記用具など、指定された持ち物は必ず忘れないように前日のうちに準備しておくと良いでしょう。

 

また、女性がやりがちなのが会社に着いてからメイク直しをしてしまうことです。

面接で一番最初に目に入るのは見た目なので、メイクや髪形を整えることはとても大切です。

しかし、会社で直すのはNGです。駅のトイレなどで事前に直してから会社に向かいましょう。

 

ヒューマンスキル

面接で一番見られているのは、「一緒に働きたいか」「他の社員とうまくやっていけるか」というところかもしれません。

前の職場にいたとき面接に来た人は、経験があってしっかりしていても、他の社員と馴染めないタイプだから・・・という理由で不採用になった人がいました。このようなケースもありますが、「自分の主張が多い」「暗い」などコミュニケーションする上で、どこかに不安が残る人が不採用になることが多いでしょう。

 

面接では、まずは相手の話をよく聞き、的確に答えられるようにしましょう。

自分を主張しすぎても、語尾が聞こえないほどボソボソ話しても一緒に働きたいとは思ってもらえません。

 

 

このように、面接官は応募書類からは読み取れないあなたを見ています。

経験や資格があっても、ビジネススキルやヒューマンスキルに欠けていれば採用は難しいでしょう。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

面接時の持ち物

  ≪ 目次 ≫1 応募書類2 就職活動ノート3 筆記用具4 携帯電話 …

面接の服装は、「自分らしい服装で」「自由な服装で」「スーツ以外で」と言われたら?

  職種によっては、スーツで面接に行かなければダメな場合もありますが、 …

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …

面接中、第一印象を台無しにしているかもしれない些細なこと

  面接の採否は、第一印象で決まると言っても過言ではないでしょう。 そ …

面接時にテストがある?

  ≪ 目次 ≫1 会社によっては2 テストの種類 会社によっては 面 …

待遇を聞く場合

  ≪ 目次 ≫1 重要なことは確認すべし2 確認ポイント 重要なこと …

履歴書写真の基本ルール

  履歴書に目を通す際、最初に目が行きやすいのはどこでしょう。 学歴欄 …

女性の再就職、思うようにいかない時の小さな失敗とは

  「再就職するために活動を始めたけれどなかなか採用につながらない」、 …

再就職に成功しやすい主婦の特徴

  面接に何度もチャレンジしている主婦が多い中、一発で再就職を決められ …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。