*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

面接で緊張してしまう・・・緊張を少しでも和らげるには?

      2014/04/28

a1180_013240

 

面接って、何度経験しても緊張するものですよね。

しかし、緊張のしすぎは良くありません。程よい緊張感はあったほうがいいですが、緊張しすぎてしまうと口がモゴモゴして何を言っているか聞き取りにくかったり、言いたかったことを伝えられなくて後悔してしまうことになります。

 

緊張に慣れるためには、場数を踏むことが一番良い方法だと思いますが、日常的に緊張するような場面は少ないですよね。

では、どうしたら少しでも緊張を和らげることができるのでしょうか?

 

完璧を求めない

面接では「失敗したくない」「練習通り、完璧にこなしたい」と思うのではないでしょうか。

しかし、この考えこそがあなたを追いつめています。追いつめられると心に余裕がなくなり、逆に緊張してしまいます

 

本番は面接官相手です。練習通りになんていかないことを覚えておきましょう。

準備を全くしないのもそれはそれで問題ですが、「まぁいいか」くらいの余裕を持って臨むと緊張が和らぐでしょう

 

緊張していることを忘れるくらい集中する

私の場合は、幼い頃からピアノを習ったり、仕事でも講師をさせてもらっていたので、人前に出させてもらう場数はそれなりに踏んできたつもりです。幼少期に比べたら人前に出ることは慣れましたが、それでも緊張はします。

 
しかし、そのような緊張は本番が始まる前までです。

本番が始まったら、面接以外のことは考えられないくらい集中すると良いかもしれません。
そうすれば、緊張している暇なんてないですからね。

 

深呼吸する

「緊張したら、深呼吸しなさい」とよく言いますが、これは本当に効果があると思います。

緊張すると、息をすることすら忘れているときがありますよね(笑)

緊張したら、意識して深呼吸をしてみてください。そうすると、心が落ち着き余裕が出てきます。
深呼吸のコツ等をまとめているサイトもあると思うので、興味があるようであればそういった情報もチェックしてみましょう。

 

ストレッチをする

緊張すると、体がガチガチになります。

私は、ピアノの試験の前はピアノの練習と併せてストレッチもしていました。

軽いストレッチ(腕を伸ばしたりするだけでもOK)をすると、緊張がほぐれるので面接の前に試してみてください☆

 

 

経験上、程よい緊張は集中力を増しますが、緊張しすぎると余裕がなくて結果的に失敗してしまいます

自分に合った緊張のほぐし方を見つけ、緊張と上手に付き合っていきましょう。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

面接でマイナス面を言っても大丈夫?

  ≪ 目次 ≫1 面接で聞かれることと言えば・・・2 プラス面でカバ …

面接~シミュレーションチェックシート~

  面接は試験、試験には正解がある   【質問内容】☆=質問 …

面接~担当者は何を考えているのか?~

  ≪ 目次 ≫1 イジワルな質問をするのはなぜ?2 面接担当者がエラ …

笑顔で面接を受ければ採用される?

  「笑顔だけで採用してもらえるなら苦労しないよ・・・」と思いますが、 …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

面接官は、あなたの何を見ている?

  面接に落ちてしまったとき、あなたは真っ先に何を反省しますか? 「今 …

面接時間が短い・・・落ちた?

面接に慣れた社員の場合、「重要なポイントを押さえている」と短時間で判断してくれた場合は5分程度で終わることも少なく無いケースとしてありえますし、逆に、面接に慣れていない社員が不必要に世間話を膨らませた結果、20分、30分と時間が伸びることもあります。

面接~求められるのは「即戦力」~

  ≪ 目次 ≫1 あなたに求められているもの2 未経験の職種だとして …

面接~言葉以外のコミュニケーション~

  ≪ 目次 ≫1 実は・・・2 模擬面接 実は・・・ 印象、外見など …

待遇を聞く場合

  ≪ 目次 ≫1 重要なことは確認すべし2 確認ポイント 重要なこと …