*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

選考のとき、ポイントとされているところ

   

a0001_016238

 

会社がパートを雇用する理由

■賃金コストがかからない

会社がパートを採用するのは、それなりのメリットがあるためです。

そのメリットとして最も多くを占めるのが「賃金コストがかからないから」という理由です。

 

■忙しい時間帯に対処するため

例えば、スーパーなどは夕方が一番忙しい時間帯です。

その忙しい時間帯にパートがいると、業務上、効率的なのです。

 

■仕事内容が簡単

簡単な単純作業は、正社員にさせるよりパートに任せたほうが、

コストを下げることができるので、得策とされています。

 

上記の3つは、会社がパートを雇用したいと考える、最も多い理由です。

その他の理由としては、「早朝・深夜など特殊時間帯の要員が必要」「雇用調整が容易」「正社員の確保が困難」などの理由があります。

 

パート選考の評点項目

上記の「会社がパートを雇用する理由」を見てみると、

そこまで苦労せずに採用まで辿り着けるのかも?と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、会社としては、せっかく面接をして採用したのにすぐに辞められてしまっては困ります。

その為、面接のときには、あなたのことをよく観ています。

特に選考のポイントとされているのは、以下の項目です。

 

●はっきりとした働く目的を持っているか

●働くうえで、夫や家族の協力を得ることができるか

●手のかかる乳児がいるか

●身内などの介護をしているか

●仕事に対して意欲があるか

●その仕事に対して適性があるか

●長期勤続が可能か

●職場の人たちと仲良くできるか

●スピーディーに動けるか

●正確な判断ができるか

●明るく、しっかり話せるか

●誠実さ、真面目さが感じられるか

 

パートの面接を受けに行くときは、このような評点項目を意識して臨むと良いでしょう。

 

 - 面接

PR

PR

  関連記事

面接で受かる人と落ちる人の違い

  新卒の就職活動をしていた学生の頃、周りの友達を見てみると殆どの面接 …

面接に受かる服装

  ≪ 目次 ≫1 スーツ2 ブラウス、シャツ3 ストッキング4 靴5 …

面接時にテストがある?

  ≪ 目次 ≫1 会社によっては2 テストの種類 会社によっては 面 …

面接で好印象を与えるコツ

「傾聴する」という姿勢、相手の話を耳だけでなく全身を傾ける想いで聴く(聞く、訊くではありません)のが面接の場に限らず、相手に不快感を与えない聴く姿勢として、対人関係においてもとても重要になります。

圧迫面接を受けたときの対応

厳しいことを言われたからといって、すべてが圧迫面接だとは限りません。

「お子さんが急に風邪ひいたら誰が迎えに行くの?」「どうしてブランクが長いの?」などの質問も

応募者の捉え方によっては、圧迫面接だと思う人もいるからです。

面接中、第一印象を台無しにしているかもしれない些細なこと

  面接の採否は、第一印象で決まると言っても過言ではないでしょう。 そ …

面接時間が短い・・・落ちた?

面接に慣れた社員の場合、「重要なポイントを押さえている」と短時間で判断してくれた場合は5分程度で終わることも少なく無いケースとしてありえますし、逆に、面接に慣れていない社員が不必要に世間話を膨らませた結果、20分、30分と時間が伸びることもあります。

待遇を聞く場合

  ≪ 目次 ≫1 重要なことは確認すべし2 確認ポイント 重要なこと …

職種別、パート面接の服装

  「正社員でもないのにスーツ着なきゃダメ?でも学生のバイトではないし …

面接~担当者は何を考えているのか?~

  ≪ 目次 ≫1 イジワルな質問をするのはなぜ?2 面接担当者がエラ …