*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

今さら聞けない「配偶者控除」の仕組み

      2018/08/06

20130202 Tokugawaen 4

 

パートを始める前に知っておきたいのが、世帯年収に関わってくる配偶者控除のこと。

「103万円の壁とか130万円の壁っていうのはよく聞くけど、詳しい仕組みはよく分からない」というような今さら聞けない疑問についてお話したいと思います。

 

「年収103万円の壁」について

配偶者控除とは、配偶者を養う人に適用される制度で、妻が夫の扶養家族である場合、夫の税金負担が軽くなります。

ただし、夫の税金負担を軽くするためには条件があって、それが俗に言う「103万円の壁」です。

配偶者控除(控除額38万円)を受けるためには、妻の年収を103万円以下におさえなくてはなりません。

 

また、妻自身の税金についてですが、本来、働いていれば所得税が収入に応じて課税されます。

しかし、年収103万円以下の場合は、所得税を支払う義務がありません。

なぜなのか・・・?

収入を給与によって得る場合、その収入から一定額を経費として控除した額に対して所得税が課税されています。

年収103万円以下の場合は、この控除で課税所得がゼロになるため所得税がかからなくなるのです。

 

ちなみに、年収100万円を超えると、妻には「住民税」を負担する義務が発生します。

 

「年収130万円の壁」について

年収130万円以上になると、妻自身に大きな壁が立ちはだかります。

それは、年収が130万円以上になると扶養から外れることになるので、健康保険などの社会保険料を支払う義務が発生することです。

これでは手取り額が減ってしまうので、世帯年収は少なくなってしまいます。

 

妻の年収が103万円以下の場合は、38万円の配偶者控除を受けられることは前項でお話しましたが、年収103万円を超えた場合には「配偶者特別控除」というものが適用されます。

ただ、「配偶者特別控除」では、控除額は段階的に引き下げられます。

また、年収141万円以上になると、控除の対象とはなりません。

 

世帯年収を増やすためには年収160万円以上必要?

前項で、「年収130万円以上になると妻は社会保険料を支払う義務が発生する」とお話しました。

その額、年間20万円以上です。

つまり、年収130万円~160万円の場合、手取り額は減少してしまうということになります。

 

もし、130万円以上稼ぎたいのであれば、年収160万円以上を目指しましょう。

しかし、パートで年収160万円以上は結構な時間数を働かなければならないので、難しい場合は年収130万円未満におさえて働くことが得策でしょう。

 

 - 共働き, 税金 ,

PR

PR

  関連記事

配偶者控除見直しのお話しについて

  ≪ 目次 ≫1 配偶者控除が見直される動き2 配偶者控除とは3 な …

仕事と子育て、どちらも楽しんでいる女性の共通点

  仕事と子育ての両立を苦に思わず楽しんでいる女性には共通点があります …

再就職したいけど、はじめの一歩が踏み出せないときは「主婦インターンシップ」

  「中小企業新戦力発掘プロジェクト」というのが国の事業としてあります …

夫がパートに反対したら、どうすればいい?

  「社会から取り残されている気がするから働きたい」「自由に使えるお小 …

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

  ≪ 目次 ≫1 「学び直し」とは?2 就職の保障はない 「学び直し …

子供が風邪ひいたけど、仕事は休めない・・・そんなとき利用できるのが病児・病後児保育

  子供が病気になったとき、本来は自分で看病してあげたいけど、共働きだ …

家事はどこまで減らせる?~ワーキングママに優しい家電とサービス~

  働いているママにとって大変なのが家事と仕事の両立です。 仕事で疲れ …

子どもに家の鍵を持たせるときの注意点

  共働きの場合、多くの親御さんは子どもが小学校に入ると同時に家の鍵を …

「小1の壁」、どうやって乗り越える?

  子どもが保育園から小学校に上がることで、働いているお母さんがぶち当 …

夫に家事を手伝ってもらうときのコツ

  ≪ 目次 ≫1 男性が嫌がること2 共働きには夫の協力が必要3 夫 …