*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

日本女性の家事時間は世界最長レベル?!

   

a1180_001164

 

日本男性は家事に最も協力的でない?

ロイター(2014年3月7日)の記事によると、OECD(経済協力開発機構)は、加盟34カ国のうち家事に最も協力的でない男性は日本であるという調査結果を発表しています。

同記事によると、日本男性が家事(無償労働)に費やす時間は1日62分なのに対して、女性は約300分だそうです。

ちなみに、最も家事に協力的なのはノルウェー男性で1日180分、女性は210分という結果が出ています。

この結果を見ると、やはり日本女性が仕事と家庭を両立するのは容易ではないことが分かります。

 

なぜ、日本は男女で家事時間の差が大きいのでしょうか。

それには、日本が長時間勤務であったり、男性が育児休暇を取るのに消極的であるなど様々な理由があるでしょう。

家庭円満であれば、男女の家事の比率はそれぞれの家庭で決めればいいことだと思います。

しかし、今の日本では本当は働きたいのに結婚や出産を機に仕事を辞めざるを得ない女性がたくさんいます。

女性の社会進出が促進されている今、昔のように「家事は女性がするのが当たり前」ではなく夫婦で協力し合うことが必要な時代ではないでしょうか。

 

仕事と家庭を両立している女性は・・・

仕事と家庭を両立するのが難しくて仕事を辞めてしまう女性が多い中、上手に両立している女性たちもいます。

マイナビウーマン(2013年9月22日)の記事によると、その女性たちには以下のような共通点があります。

 

第1位/「夫の理解がある」……65.6%
第2位/「完璧主義すぎない」……32.0%
第3位/「実家が近い」……31.6%
第4位/「スケジュール管理がうまい」……30.8%
第5位/「上司に恵まれている」……28.8%
第5位/「人に仕事を頼るのが上手」……28.8%
第7位/「精神的に大人」……23.2%
第8位/「ひとりで仕事を抱え込みすぎない」……21.2%
第9位/「仕事が早い」……20.4%
第10位/「無理な仕事にはNOと言える」……16.0%

 

この結果を見ると、彼女たちは周りに頼り、いい意味で手を抜きながら仕事と家庭を両立しているのが読み取れます。

仕事にも家事にも完璧すぎると、どちらも続かないと思います。

両立を継続していくには「決められた時間内は集中すること」「完璧を求めすぎないこと」が大切ではないでしょうか。

 

 - 共働き

PR

PR

  関連記事

「小1の壁」、どうやって乗り越える?

  子どもが保育園から小学校に上がることで、働いているお母さんがぶち当 …

託児所完備の求人

  働きたいけど子どもの預け先がなくて困っているママ、多いと思います。 …

子どもに家の鍵を持たせるときの注意点

  共働きの場合、多くの親御さんは子どもが小学校に入ると同時に家の鍵を …

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

  ≪ 目次 ≫1 「学び直し」とは?2 就職の保障はない 「学び直し …

専業主婦?ワーキングママ?~他のお母さんと比べない~

  女性の人生の出来事の一つに「出産後も働くか」を考えなければならない …

専業主婦のモヤモヤ・・・パートをすることで解決?

  「専業主婦いいな~」「働かなくてもいいのに、働きたいなんて贅沢な悩 …

パート勤めは、気分転換にも効果的?

  ≪ 目次 ≫1 専業主婦とパート勤め2 仕事で気分転換 専業主婦と …

主婦の再就職~ワークシェアリングという働き方~

  ≪ 目次 ≫1 ワークシェアリングとは?2 主婦が希望する働き方3 …

女性が働きたい理由

  結婚して子供もいるけど社会に出て働きたい女性、それとは反対に専業主 …

働きやすい職場環境は自らの行いで作る

  家庭を持っている女性は、子どもが熱を出したなどの理由で急な早退や欠 …