*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

専業主婦?ワーキングママ?~他のお母さんと比べない~

   

a0960_004814

 

女性の人生の出来事の一つに「出産後も働くか」を考えなければならない瞬間があります。

この選択に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

 

選んだ理由

<専業主婦を選んだ理由>

・子どもが小さいときは一緒にいてあげたいから

・子どもと過ごす時間が楽しいから

・子どもを預ける場所がないから

・家族に仕事することを反対されているから

・前の仕事を出産後に続けることができなかったから

など。

 

<ワーキングママを選んだ理由>

・仕事が好きだから

・祖父母が近くに住んでいるなど、家族の協力が得られるから

・子どもと1日中一緒にいるとストレスが溜まるから

・社会と接点を持っていたいから

・家計が苦しいから働かなくてはならない

など。

 

自分で選択する

前項のように「選んだ理由」は様々です。

しかし、専業主婦のお母さんが「ワーキングママって稼いでいるしイキイキしてて羨ましい」と思っていたり、ワーキングママが「専業主婦になったら、もっと子どもとの時間が作れるのにな」とお互いにお互いを羨ましく考えていることも事実です。

このように思ってしまうことは仕方のないことですが、体は一つしかありません。どちらにするか決めましょう。

その際、自分にとって優先順位の高いもの(大切なこと)は何かをハッキリさせると結論が見えてくるのではないでしょうか。

 

よく、周りのお母さんが働いていることを知って、焦って仕事を始めようとする方がいますが、周りに流されるのだけはやめたほうがいいと思います。

 

あなたはどうしたいのですか?

優先順位が高いものも、生活環境も人それぞれです。

まずは、自分がどうしたいのかを見つめ直すことが大切だと思います。

もう、他のお母さんと比べるのはやめましょう。

 

 - 共働き

PR

PR

  関連記事

働くママの強い味方!ファミリーサポートセンターとは?

≪ 目次 ≫1 ファミリーサポートセンターとは2 利用方法 ファミリーサポートセ …

家事はどこまで減らせる?~ワーキングママに優しい家電とサービス~

  働いているママにとって大変なのが家事と仕事の両立です。 仕事で疲れ …

主婦の再就職~ワークシェアリングという働き方~

  ≪ 目次 ≫1 ワークシェアリングとは?2 主婦が希望する働き方3 …

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

  ≪ 目次 ≫1 「学び直し」とは?2 就職の保障はない 「学び直し …

家庭と仕事、両方大切~家事を工夫するコツ~

  今まで仕事をしながら家事もこなしてきた方は、家事をする上で自分なり …

日本女性の家事時間は世界最長レベル?!

  ≪ 目次 ≫1 日本男性は家事に最も協力的でない?2 仕事と家庭を …

女性が働きたい理由

  結婚して子供もいるけど社会に出て働きたい女性、それとは反対に専業主 …

子供が風邪ひいたけど、仕事は休めない・・・そんなとき利用できるのが病児・病後児保育

  子供が病気になったとき、本来は自分で看病してあげたいけど、共働きだ …

夫がパートに反対したら、どうすればいい?

  「社会から取り残されている気がするから働きたい」「自由に使えるお小 …

働きやすい職場環境は自らの行いで作る

  家庭を持っている女性は、子どもが熱を出したなどの理由で急な早退や欠 …