*

主婦が仕事を探す上での簡単なポイント

夫に家事を手伝ってもらうときのコツ

   

a0002_010903

 

男性が嫌がること

●人と比べられる

「~さんの旦那さんは、休みの日はご飯作ってくれるんだってー」なんてことを言ったときに、夫がムッとしてしまった経験はありませんか?

奥さんとしては、「遠回しに家事を手伝ってほしい」と言っているつもりでも、これでは増々、家事をやってくれないでしょう。

女性だって、人と比べられたら嫌なものですよね・・・。

 

●空気を読まない

夫がテレビを見ているとき、パソコンで作業をしているときなどに話しかけると、「今は話しかけないで」「静かにして」と言われたことはありませんか?

男性が何かに集中しているときは、なるべく話しかけないようにしましょう。

こういうときに、お願い事をしても逆効果です。タイミングを見計らうことが大切です。

 

●命令される

「食べたら食器を運んでよ」とか「たまには、お風呂掃除して」と、ついつい命令口調になってしまっていることはありませんか?

これでは、夫のやる気を削ぐことになります。

夫をやる気にさせるには「お風呂掃除してもらえると、私はとても助かるわ」「食器を運んでくれたら、とっても嬉しい」などと、言い方を工夫してみてください。

言い方を変えるだけで、お願いを引き受けてくれることが増えるでしょう。

 

共働きには夫の協力が必要

フルタイムで働いている方は、家事を手伝ってくれる夫が多いのではないでしょうか。

しかし、パートや在宅ワークなど働いている場合は、夫は家事をしていない家庭がほとんどだと思います。

確かに、残業などで帰りが遅い夫に「食器洗っておいて」なんて言えません。

 

でも、奥さんだってパートをして子育てをして、家事をして・・・少しはゆっくりする時間が欲しいですよね。

そんなとき、少しくらい家事で手抜きがあったとしても、夫には文句を言わないようにお願いしたいものです。

「口を出さない」、これが忙しい夫ができる最大の協力だと思います。

 

もちろん、家事を分担できるなら、それが一番です。

これは、子育てをする上でも子供のためになるはず。

両親が協力して生活をしている姿を見ることで、「家族のためにできることをしよう」という考え方ができるようになるので、「男は外で稼いでくる」「女は家事をする」という概念に囚われず、枠にはまらない生き方ができる子になると思うのです。

 

夫に気持ち良く家事をしてもらうためのコツ

●夫婦間で、お互いの手抜きを認め合う

仕事で疲れているのは、お互い様です。

家事を分担しても、ときには疲れがピークに達してできないこともあるでしょう。

そんなときは、相手を責めず、夫婦でカバーし合うことが大切です。

 

●夫のやり方を尊重する

夫が独身のときに一人暮らしをしていて、家事の経験が豊富なら問題ないと思いますが、家事のできない夫だと、どうしても家事のやり方に不満が出てくるでしょう。

例えば、洗濯物の干し方を見て「こんな干し方じゃ、乾いたときにシワになっちゃうでしょ」とか言いたくなってしまうかもしれません。

でも、そこは我慢です。あとで干しなおしたりしてもダメです。

誰だって、最初から家事ができたわけじゃないですよね。洗濯物がシワになっているのを見て、初めて次から干し方を改めようと思うはずです。

夫のやる気を損ねないためにも、見守ってあげてください

 

●褒めて、感謝の気持ちを伝える

褒めるところを見つけて、たくさん褒めてあげてください。

実際に家事をやってもらうようになったら、自分より夫のほうが得意な分野があると思います。

夫のモチベーションを保つために、得意な家事を見つけてあげることも大切です。

また、家事で失敗したとしても、感謝の気持ちを忘れてはいけません

夫も仕事で疲れている中、家事をしてくれているのですから、「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

 

 

「家事を分担しましょう」と提案しても、なかなか受け入れてくれない夫もいると思います。

でも、自分一人ではいつか限界がきます。共働きなら尚更でしょう。

ゴミ捨てなど、まずは簡単な家事からお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

 - 共働き

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

再就職したいけど、はじめの一歩が踏み出せないときは「主婦インターンシップ」

  「中小企業新戦力発掘プロジェクト」というのが国の事業としてあります …

子持ち主婦の再就職を成功させるコツ

  一度は専業主婦になったものの、子育て2~3年目を迎える頃になると「 …

社会復帰の自信へ繋げる~文科省「学び直し」拡充へ~

  ≪ 目次 ≫1 「学び直し」とは?2 就職の保障はない 「学び直し …

夫に家事育児の分担を頼みやすくする方法

  新年度がスタートしましたね♪ 専業主婦の生活から一変、パートを始め …

働きながら、子供との時間を作る方法

  働いていると疲れて、子供との時間が疎かになってしまうときがあると思 …

「小1の壁」、どうやって乗り越える?

  子どもが保育園から小学校に上がることで、働いているお母さんがぶち当 …

託児所完備の求人

  働きたいけど子どもの預け先がなくて困っているママ、多いと思います。 …

今さら聞けない「配偶者控除」の仕組み

  パートを始める前に知っておきたいのが、世帯年収に関わってくる配偶者 …

夫がパートに反対したら、どうすればいい?

  「社会から取り残されている気がするから働きたい」「自由に使えるお小 …

主婦の再就職~ワークシェアリングという働き方~

  ≪ 目次 ≫1 ワークシェアリングとは?2 主婦が希望する働き方3 …